【レビュー】ダートタグ シャープショット ~ゲームに特化した”ちょうどいい”ブラスター~

2011年に発売されたダートタグシリーズのブラスターです。ダートタグ後期モデルに特徴的な黄色と黒のカラー、そして丸みを帯びたデザインが特徴的です。

dsc01584

走って撃ってという動作の激しいダートタグ戦を意識したシリーズのため、仮にぶつかっても危なくないような丸っこいデザインになっています。一定のレギュレーションにするためかアクセサリ類も装着できないようになっています。

dsc01583

成型色違いの青いトリガーなど今のNストライクシリーズとは少し異なる印象を受けます。手にしてみるとかなりガッシリしているのが分かります。多少の落下くらいではびくともしなさそうなくらい頑丈そうです。

今のナーフシリーズのような「実銃でありそうな形状」「SFな銃」というよりも「スポーツ用ピストル」という雰囲気のブラスターです。このおかげでデザイン的には賛否両論なのだとか。

ゲームに特化したブラスター

dsc01585

専用のベストとマジックテープ弾を使うダートタグ戦。あくまでもゲーム、試合を重視したシリーズですので出来るだけ扱いやすく、撃ちやすいように設計されております。

例えば移動しながら素早く装填できるように銃口部が漏斗状になっています。考えられたデザインですね。銃口部の下は3本のダーツを保持可能です。激しく動き回ることを前提にしているため、ダーツフォルダーもしっかりしていて振り回しても落ちそうにありません。

感触の良いスライドコッキング

dsc01587

単発式ですので1回打つごとにコッキングが必要になります。一般的なエアガンと同じようにスライド部を後ろに引くことでコッキングを行うのですが、この時の機械的な感触…カッチリと部品同士が連動して動いている感触がとても素晴らしいです。

丸くてスベスベのスライド形状は賛否両論あるでしょうけれど、特に滑りやすい印象はないのでデメリットには感じません。

サイズはマーベリックより一回り小さめ

CIMG0532

手になじむサイズといいますか、ナーフの拳銃と言えば大型拳銃かポケットサイズの小型拳銃という二極化的なイメージがありますけども、このシャープショットはまさにその中間、大人が持った場合に程よく手にフィットする感じが味わえます。

デザインを含めて好みのわかれるブラスターですけれども、このシャープショットは撃ち合いゲームには最適なサイズ、そして大きな武器となりえます。

地味ながらも扱いやすさは一級品です。ゲームに特化したナーフ。デザインで食わず嫌いをせず、是非。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    調べたところ、ブルートリガーは2012年にスプリング強化して再版されたときのものみたいです。
    シャープショット、スピードロード6、スウォームファイアはオレンジとブルーの2種があり、スピードスウォームはブルーのみとのこと。
    ブルートリガー版のスピードロード6のパッケージに、商品ラインナップとしてクイック16も含めた写真が載っていますが、途中でシリーズが終了してブルートリガー版クイック16の発売はされなかった模様。