【レビュー】ボルテックス プロトン ホワイト ~爽やかカラーのコンパクト・ディスクブラスター~

ボルテックスシリーズの連射型ハンドガンとして登場したのがこのプロトンです。2011年のボルテックスシリーズの開始とともに販売され、いわゆるエントリーモデルとして低価格帯を担っていました。

後年には写真のホワイトモデルが販売されていました。

外見的にはレーザーやビームが出そうなハンドガンですね。横幅が大きいことから見た目以上にゴツさを感じます。サイズとしてはプロトンを一回り大きくしたようなものですが重量的には軽いので取り回しはかなり良いです。

グリップは細身なので持ちやすく、またマガジン部開閉レバーの動作がキビキビしているので使っていてストレスの感じないブラスターです。

コッキングはマーベリック等と同じく後方のスライドを引っ張るタイプ。とても軽いです。

ディスクの装填は独特のリズム

ビジロンは他のナーフにはない独特の装填方法を持っています。コッキングを兼ねたローディングハンドルがあるんですね。

この部分にディスクを置いてから手で押し戻すか…

もしくはグリップ横のリリースレバーを操作することでスライドがカシャッ!と元に戻ります。

詰まった場合は赤いスライドスイッチ状のパーツを押すことで装てんしたディスクを前に押し出して取り出すことが出来るようになります。

アクセサリレール付きで拡張性も

ボルテックスシリーズもNストライクと共通のアクセサリレールを持っていますのでいろんなパーツが流用できます。スコープやライト類などが合うかもしれませんね。

回転するディスクを打ち出すという関係で弾道がカーブするため、飛距離はあるものの狙撃は苦手です。

残念ながらビジネスとしては失敗したといえるボルテックスシリーズですが、個々で見れば非常に面白いブラスターが揃っています。

プロトンもその一つで、ディスクならではの装填ギミックが他にない魅力となっています。

対応ダーツ・アクセサリ

※ステルスセットのダットサイトのみ使用可能

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク