【レビュー】Nフォース シャドゥフューリーソード・オルタネイト~翡翠色の直剣~

いまでは数が少なくなりましたが、ナーフにはスポンジ製の剣や斧もラインナップされています。対人戦でも使えるような比較的に安全な構造となっており、例えば有名なナーフのゲームである「ゾンビvs人間」「HvsZ」ではゾンビ役は剣でタッチすることで人間を倒せる(またはゾンビにできる)というルールが存在しています。

発売が2009年と少し古いのですが、Nフォース・シリーズから4種類のショートソードが販売されていました。そのうちの一つがこのシャドゥフューリーソード・オルタネイトになります。

中央の歯車やグリーンを基調としたインダストリアルなデザインです。スチームパンク系とも言えるかも?

持ち手を含めて総スポンジ製。中にはプラスチックパイプの「芯」がありますので振ってもしならず、かなりシッカリしています。

ハズブロ・ヨーロッパ、UKという文字が。欧州の販売品だったんでしょうか。

長さも重さもちょうどいい

気になるのはその大きさですよね。子供用玩具ですからきっと短くて寸詰まりなんだろうと思いがちですが…

実は全長80cmもあるんです。ショートソードといえ長さは十分です。

何よりもこれ以上大きいと取り回しが悪くなりますしね。

重量は97g。見た目よりもかなり軽いです。ナーフイベント等のレギュレーションでは100gを一つの基準にしている事が多いようです。リーチなどを考慮してもフューリーソードはかなり有効な選択肢の一つとなるかもしれませんね。

使用の際はレギュレーション確認を

柔らかくて軽い安全な剣とはいえ、相手を叩くものですから使用出来るかどうかはルールやレギュレーションを確認してからにしましょう。

余談ですが子供に持たせたところ容赦なく振り回してチャンバラをしておりました。やはりこういう剣の玩具は子供心をくすぐるものがあるんでしょうね。おかげであちこち凹んでしまいましたが…。

シャドゥフューリーソード・オルタネイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク