【レビュー】Nフォース サンダーフューリーソード・オルタネイト~蒼色の直剣~

いまでは数が少なくなりましたが、ナーフにはスポンジ製の剣や斧もラインナップされています。対人戦でも使えるような比較的に安全な構造となっており、例えば有名なナーフのゲームである「ゾンビvs人間」「HvsZ」ではゾンビ役は剣でタッチすることで人間を倒せる(またはゾンビにできる)というルールが存在しています。

発売が2008年と少し古いのですが、Nフォース・シリーズから4種類のショートソードが販売されていました。そのうちの一つがこのサンダーフューリーソード・オルタネイトになります。名前からもわかるようにシャドゥフューリーソードと対になる剣になります。

オーソドックスな形状の剣ですね。ネジっぽいモールドとかフィン状のデザインがスチームパンク系っぽいかも?

ちなみにほとんど知られていませんが製造時期?の違いなのか2種類あるんです。どこが違うかわかりますでしょうか。

鍔元にはNERFのロゴが。見にくいですがNフォースのエンブレムも印刷されています。ネジ色はグレー。

ネジ色がオレンジ。あとエンブレムの色も微妙に違います。わずかな違いですがカラーバリエーションと言えるんでしょうか。

二つとも持ち手を含めて総スポンジ製。中にはプラスチックパイプの「芯」がありますので振ってもしならず、かなりシッカリしています。

注意書きです。芯が飛び出た状態で使わないように、とのこと。

長さも重さもちょうどいい

気になるのはその大きさですよね。子供用玩具ですからきっと短くて寸詰まりなんだろうと思いがちですが、全長80cmもあるんです。シャドウフューリーソードと同じ大きさで長さは十分。

重量は94g。見た目よりもかなり軽いです。

こちらは約100g。スポンジの密度が違うのかも?

ナーフイベント等のレギュレーションでは100gを一つの基準にしている事が多いようです。リーチなどを考慮してもフューリーソードはかなり有効な選択肢の一つとなるかもしれませんね。

使用の際はレギュレーション確認を

柔らかくて軽い安全な剣とはいえ、相手を叩くものですから使用出来るかどうかはルールやレギュレーションを確認してからにしましょう。

遠近法で長さが違うように見えますが実際には一緒の大きさです。

余談ですが子供に持たせたところ容赦なく振り回してチャンバラをしておりました。やはりこういう剣の玩具は子供心をくすぐるものがあるんでしょうね。おかげであちこち凹んでしまいましたが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク