【工作室】ナーフでAPDS(装弾筒付徹甲弾)を再現してみる ※徹甲機能はありません

前回にもやったネタなのですが、書画カメラを入手しましたので改めて記事にしたいと思います。

APDS(装弾筒付徹甲弾)はその名前のとおりに装弾筒と呼ばれる外筒の中に徹甲弾を収めた砲弾です。具体的なメリットは省略しますが、細い弾体を効率よく発射するには最適な構造なのだそうです。パワフルなメガナーフを使って細いノーマルダーツを発射するというのは、ある種のAPDSと同じ構造と言えるのではないでしょうか。

使うのはコレ。前込め式のメガナーフなら何でも良いと思います。

メガダーツ(切断するのでヘタったものが良いかも)とノーマルダーツも必要です。

メガダーツの弾頭部分を適当に切断して…

残ったスポンジ部分を半分にして…

こんな感じにセットして装填するだけ。

…なんですが、銃身奥にある安全弁(ダーツ検知弁)を押さないと空気が遮断されてしまいますので、かなりしっかりと押し込む必要があります。ですので下記動画のように、まずはメガダーツだけ装填しておいて後からノーマルダーツを装填するほうが良いかもしれません。

動画後半にありますようにライバル弾も発射可能です。

簡単に出来ますので是非。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク