【レビュー】ナーフ ボルテックス プラキス ~扱いやすい入門モデル…弾代は除く~

2011年に販売されたボルテックスシリーズのライフル型ブラスターです。マガジン式。

dsc00153

プラキス(PRAXIS)は練習・習慣という意味だそうですが、ブラスターとしての名前の意味は??

シリーズ最初ということで露払い的な意味が込められているんでしょうか。

外見はアサルト・ビームライフル?

dsc00152

見た目はライフルのようですが、よく見れば銃口が四角だったり幅広の本体だったりと実弾兵器というよりもビーム兵器と言うようなイメージです。デザイン的にも近未来的な雰囲気ですね。何気に全面にしっかり塗装されておりまして、発売当初のハズブロの本気度合いが垣間見えるブラスターです。

色はボルテックスシリーズの緑色。ゾンビストライクとはまた異なる色合いです。

dsc00159

Nストライクやレベルシリーズに比べるとかなり幅広です。

ボルテックス唯一の取り外しストック付き

dsc00158

ボルテックスで唯一の取り外しできるストックが付属しており、ユーザーが自由に付け替えて遊ぶことができます。ストックはナーフ共通規格ですので他のシリーズにも流用可能です。

リーコンストックと基本構造は同じため、強度や剛性はそれほど高くはありません。

dsc00156
かなり全長が長く見えますがストックを外すことでコンパクトになります。右側のスライドスイッチはディスク取り出し用。詰まった場合はこちらを操作して排出します。

コッキングしやすい形状、交換しやすいマガジン

dsc00160

アルファトルーパーのようにバレル下のスライドを引くことでコッキングを行います。ストックがありますので安定して連射できます。

dsc00155

マガジン受け部にはスプリングが入っており、レバーを押し下げてロックを外すとスルスルスルっと出てきます。Nストライクシリーズにはない構造ですが、マガジン交換しやすいので是非とも他のシリーズにも取り入れてほしいですね。

難点としてはマガジンの抜けが良すぎて落下させやすいところでしょうか。

総評:本体の作りはいい。でもディスクが…

ボルテックスシリーズの中でも最もポピュラーなブラスターです。ダーツとはまた違うフワフワした飛び方、壁への反射を利用した跳弾など新しい楽しみ方があるものの「ナーフとして」は定着しなかったようで、2016年現在ではシリーズはほぼ終了している状態です。

プラキスも先進的なナーフでしたがディスクが高額な割に跳ねて紛失しやすいという大きな弱点を抱えており、そんな状態で連射などとてもとても…

このプラキスも驚くほど安値で売られていたりします。ストックは流用できますのでリサイクルショップで見かけましたらゲットしておくと良いかもしれませんね。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク