【アクセサリ】ロングショット・スコープ

ナーフのロングショットに付属するスコープです。モジュラスのロングバレルキットが出る以前はこのロングショット用のスコープがライフルのカスタマイズ用として定番のパーツでした。

longshot_yellow_scope_2

ロングショット自体、数が多く中古で入手しやすいので手にしているナーフファンは多いはずです。カラーバリエーションは5つ。

黄色(Nストライク)

longshot_yellow_scope

紺色(オリジナルバージョン)

longshot_blue_scope

赤色(レッドストライク)
青色(エリート再販版)
オレンジ色(ゾンビストライク)

longshot_orange_scope

黄色はヤフオクやメルカリで良く出品されています。本体込みで5000円ほど。

青色のエリート色はセカイモンなどを使って2万円弱ほど、ゾンビストライクは米アマゾンで8000円前後くらい、赤色が飛び抜けて入手難度が高く数万円以上となっています。

レンズ面(プラ板)には距離を表すレティクルが印刷されており、おおよその目安として使用可能です。スナイパーライフルのような雰囲気があっていいですね。

DSC02277

DSC02278

悪い面としてはプラ板という性質上、倍率などのないただの筒となっています。透明度が低いのと歪みがあるので視認性は良くありません。機能面で言えばほとんど使えないといえるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク