【レビュー】レベル カラッジ・クロスボウ~アロー型クロスボウの第一歩。足跡はゾンビストライクへ~

2015年に登場したアローダーツを使うボウガンがこのカラッジ・クロスボウです。女児向けのレベルシリーズとして登場しました。

DSC02499

ダーツを発射するタイプのボウガンはディアモンディスタやチューバッカボウキャスターがすでにありますが、カラッジ・クロスボウは本物の矢のようなアローダーツを使う点で新しく、大きな注目を持って迎えられました。

弦を使う本物っぽいボウガン

カラッジボウは弦の反発力を使って矢を撃ち出す、原理的に言えばクロスボウそのものなブラスターです。

DSC02498

弦は太めのゴム紐で出来ており、後ろに引っ張ってからアローダーツを引っ掛けるようになっています。

DSC02501

装填するとここまでゴム紐が伸びます。

DSC02502

安全装置がしっかりしており、アローダーツが装填されていないとトリガーが引けないようになっています。逆に言えば装填不良の場合は絶対にトリガーが引けないようになっており、アローダーツを弦に引っかかるようにしっかりと差し込まないとなりません。

威力・迫力は満点

アローダーツは先端に穴の空いたホイッスル形状をしており、射出するとヒューッ!と音を立てて飛翔します。元々が大きい物体なのに音を他立てて飛びますので迫力は満点です。

動画はこちら。近い距離からの試射ですので参考にはなりにくいですが、着弾時のボコン!という音がその威力を物語っています。

飛距離については公式には言及されていませんが、15mは飛ぶのではないかと思われます。

使いやすさは…でも貴重な冒険作

撃つためにはきっちりと矢を設置しないと駄目ですし、少しでもずれるとトリガーが引けなくなります。機嫌よくどんどんと撃てるようなナーフではありませんので、そういった意味ではやや使いにくいと思わざるを得ません。

DSC02500

矢は入手しづらいので丁寧に使わないと駄目な反面、すごい勢いで飛ぶのですぐにヘタってしまいます。弓形の他のナーフに比べて力の調整も出来ないので常にフルパワーですし。

アローダーツを使うクロスボウとしては最初の一歩になるナーフです。評価としては難しいところですが…幸いにも後継機種としてゾンビストライクのデッドボルトの登場が予定されていますので、カラッジクロスボウの第一歩で得たものはとても大きかったということなのでしょうか。

<対応ダーツ・アクセサリ>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク