【レビュー】テックターゲット エリミネーター ~以外な伏兵?旧世代の高性能ハンドガン~

2003年にテックターゲットセットとして販売されたブラスターがこのエリミネーターです。ターゲットとセット販売のみで個別販売はされていませんでしたが、かなりの数が出たようで中古の単品販売を良く見かけることが出来ます。

発売時期により旧ダーツ仕様、現行ダーツ仕様の2種類が存在します。この写真のものは現行ダーツ対応のもので、エリートダーツが問題なく発射できます。

旧ナーフのロゴが目を引きますが、それ以外にもレトロSFで出てくる光線銃のような不思議なアンティーク感を感じるデザインです。銃身部のオレンジ色のリブがいいアクセントになっています。

コッキングは後部にある大きなリングを引っ張るだけ。かなり大きいパーツですので力が入れやすく、子供でも簡単に扱えます。

意外と大柄なハンドガンなのですが、幅が狭いので手の小さい人でも持ちやすいです。狙いを付けるサイト類がないのが厳しいですが、意外と素直な弾道ですので射的にも十分に使えるレベルです。

旧メガダーツや旧吸盤ダーツを飛ばせるくらいの大容量のシリンダーを内蔵しているわけで、軽量な現行ダーツでしたら十分すぎるほどのパワーです。実際に撃ってみると結構な威力で飛んでくれます。

ダーツは銃身下に2本収納可能。

ポンプ容量が大きいのでコッキングハンドルはここまで引き出せます。ストロークが長いので重たさはありません。

2018

性能面でもまだまだ現役

今回計測したのは現行ダーツ仕様のもの。おおよそ14m/sくらいで安定しているのが分かりますでしょうか。オレンジトリガーとグレートリガーの中間くらいな感じですね。

バネのヘタリなどありますので状態のいいエリミネーターでしたら今のオレンジトリガーくらいの威力があるかもしれませんね。

実は以外な高精度ハンドガン

なんで今さらになってこんな古いナーフを取り上げたのかというと、実はエリミネータは以外なほどの高精度を誇るハンドガンなんです。初速の安定性もさることながら、アキュストライクダーツとの親和性が非常に高いようで7~8mくらいのレンジだと狙った場所へ飛ばすことが出来ます。今の現行製品にも負けないほど。

対人でも十分に使える性能です。時々、ヤフオク等で見かけますので見つけたら是非とも確保してくださいね。

<<対応ダーツ・アクセサリ>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. SIime より:

    エリートダーツは使えますか?