【レビュー】メガ ツインショック ~メガ+ショットガン+速射=最強~

メガ+ショットガン+速射=最強

という図式が当てはまりそうなブラスターが2017年に登場しました。その名もツインショック。2つの衝撃。格好いいですね。

心くすぐられる名前に負けず劣らずスペックも最強レベルです。最大飛距離は30mとナーフの中では最長クラス。しかもツインの意味どおり2発同時発射なんです。ショットガンのような拡散するような攻撃ではないものの、2本のダーツがまとまって飛んでいく…点ではなく面で攻撃できる部分は対人戦では大きなアドバンテージとなります。

水平2連のショットガンを上下に5列積み上げたという実銃にはないデザイン。SFというかゲーム的というか、ただならぬ雰囲気が。背景を宇宙と考えればスペースオペラ物に出てくる戦艦みたいな気も。

最強の名に恥じぬ本体サイズは全長70cm。ストック無しでこのサイズですから、いかに大柄かわかりますでしょうか。

見た目からフロントヘビーに見えますが意外とバランス良く意外と軽量なので持った感じの”嫌な重たさ”はそれほど感じません。ただサイズ的にはお子さんでは手に持て余すことになるかも。

赤い本体にオレンジのフロント。燃えるような、赤熱した金属のような銃身が目を引きます。

ツインショックは”スマート空気弁”と呼ばれるシステムを搭載しており、どの銃身に装填したとしてもきちんと発射されます。

nerf_triad_genri

ダーツを挿入すると押し出しピンが後ろに下がり、空気の通り道ができます。と同時に次のダーツへの空気の通り道を塞ぎます。それでトリガーを引くと一番目のダーツだけに空気圧がかかり、発射されるんですね。2番目と3番目のダーツは空気の通り道がふさがっているので発射されません。

もう一度コッキングしてトリガーを引くと、1番目のダーツがないために外への出口は塞がれており…空気圧は2番目にかかります。3番目になっても同様です。
こういうすごく単純な、でも非常に良く考えられた構造によりダーツの連射が可能となっているんです。これが5本×2列あるのがツインショックになります。

反対側面は塗装が簡略化されております。成型色の違いを使って上手くデザインされているんですが…。

残念なのがロゴの白塗装がないこと。おかげで間延びした感じになっています。白く塗装すれば更に引き締まって見えるかもしれません。

フォアグリップのサイズを見てもらえれば本体のゴツさが良くわかります。

何しろ2本のメがダーツを30m先に届けるということで機関部はパワフルそのもの。そのパワーを圧縮させるバネも強力です。ただギアを組み合わせた構造になっており、コッキング自体は他のノーマルダーツのナーフよりも軽く感じるほど。

上面部にはアクセサリレール。スコープでもタクティカルライトでもシールドでも何でも取り付け出来ます。狙って打つよりも好機を伺いつつ一気に叩き込むようなスタイルのブラスターですのでスコープよりドットサイトの方が使いやすいかも?

見た目が独特なのでどうしても好き嫌いが生じてしまいますが、スペックや使い勝手という点では他のナーフの追随を許さない高性能・高火力ブラスターであると言えます。

先込め式ですのですぐに装填できますし、速射機能(トリガーを引いたままコッキングすると自動発射される機能)があるので瞬間的に10発の弾幕を貼ることもできますので、対人戦でも、もしくは的当てでもターゲットを瞬時に”蜂の巣”にすることができます。

迫力満点の撃ち応えはメガ、そしてツインショックならではです。

メガ ツインショック

※延長バレル、ストックは取り付け出来ません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    やっぱりダーツは10発しかついていないんですか?

    • KDWK より:

      ダーツは10発で予備がない状態です。ガンガン遊ぶだめにもせめて20発くらいは付けて欲しいですよね。