ナーフの弾について

ナーフの良いところは弾(ダーツ)の規格がおおよそ統一されており、例えば古いブラスターでも最新のものでも同じ弾が使えるということです。世界的に見ても「ナーフ規格」ともいうようなサイズであり、他社でもナーフ弾との互換性をもっている製品はたくさん出ています。

と書いたものの、実はナーフの弾は色々と出ては消えてを繰り返しており、メイン意外は多種多様です。このうち今も国内で入手できるのは6~9になります。

7:エリートダーツ(標準ダーツ)

迷ったらコレ。いわゆる標準ダーツで古いものを含めてほとんどのナーフで使えます。特に「古い黄色ナーフを買ったけど弾がない!」って時はこのダーツを買えばまず間違いありません。ゾンビストライクやスターウォーズなどのNストライク以外のナーフでも使えます。

他のダーツよりも柔らかく頑丈なので当て合いで遊ぶならコレ。

純正品は先端が中空の柔らかいゴム製ですので当たってもほとんど痛くありません。

6:ユニバーサルマイクロダーツ(標準ダーツその2)

いわゆる吸盤弾。ガラスや塩ビ板、ホワイトボードなどツルツルした場所にくっつきます。こちらも標準的なダーツですのでほとんどのナーフで扱えます。旧型ナーフにも。

的当て遊びをする場合にはこちらがオススメ。スポン!とくっつくのが楽しいので子供にも大人気のダーツです。

ただし柔らかい素材のために吸盤が破れやすく、耐久性という点ではやや劣りますし、マガジンクリップを使うようなナーフでは弾詰まりする場合があります。

海外モデルなどの高威力ナーフでは吸盤が衝撃に負けて、くっつかない事が多々あります。

-:アキュストライクダーツ(標準ダーツその3)

写真忘れましたが従来のものよりも安定性を高めた最新式のダーツです。特に5m以上の射撃では大きく変わります。こちらも標準ダーツの一つであり、青色ダーツと互換性があります。

値段的には割高。落ち着いて射撃を楽しみたい時に。

8:ゾンビストライク・レベル・スターウォーズ等のシリーズ別ダーツ

ナーフのサブシリーズ(レベル、ゾンビストライク、ドゥームランズ等)やスターウォーズのナーフに付属しているダーツです。色がカラフルだったり、特別なロゴ付きのダーツが揃っています。エリートダーツと同じように基本的にはどんなナーフにも使えます。

9:メガダーツ

メガと呼ばれるナーフシリーズで使うダーツです。エリートダーツより二回りほど大きいので専用品となります。互換性は無し。

素材が柔らかく出来ていますので潰れやすく破れやすく、丁寧な扱いが必要なダーツです。

先端に穴があいていますので飛翔時にはヒューッ!という音がなります。撃たれる側としてはかなりの迫力がありまして、これがメガシリーズの人気の要因の一つにもなっているようです。

以下、廃盤

1:ボルテックスディスク

ナーフの中でも特異なのがこのボルテックスシリーズです。専用の円盤弾(ディスク)を打ち出すブラスターで使用します。すでにシリーズ廃止、生産中止の模様。

円盤ですのでスーッと緩やかに飛んでいきます。独特の飛跡は非常に面白いものの、転がりやすく跳ねやすいので紛失が多い弾です。

2、3、4、5:旧ダーツ

すでに生産中止となった旧規格のダーツです。2はストリームダーツ(旧標準ダーツ)。弾芯の関係で現行ナーフでは使えないものが多いです。

3の笛付きダーツと4の旧吸盤ダーツも同様です。先端径が大きいので詰まることも。

10、11、12:日本未発売ダーツ

  

10は専用弓で、12はタイタンブラスターで発射するためのダーツです。他に流用は不可。国内では本体含め未発売です。

11はトライストライク付属のミサイルですが国内では単体発売されていません。


当サイトの各レビュー最後に対応アクセサリの簡易紹介がありますので、そちらを参考にしていただくかコメント欄でお聞きしていただければ使えるダーツのご案内が可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする