【レビュー】スタッツブラスト ヴィジランテ ~2連銃身・中折式・ポンプアクション…ショットガン好きには堪らないトイガン~

トイザらスで2016年10月ごろから販売されているスタッツブラストシリーズのトイガンです。ハンドガンやベルト給弾式のマシンガンなど5~6種類ほどが店頭に並んでいます。

これはヴィジランテと呼ばれるモデルで見た目通りのショットガンをモチーフとしたものですね。

dsc00288

実はこれ、スタッツブラストシリーズと銘打たれていますが中身はZURU社のXshotシリーズで販売されているものと同じなんです。そう、コストコで販売されているものと同じシリーズなんですね。

見た目通りのショットガン

dsc00289

自警団という意味のヴィジランテと名付けられているように、恐らくは西部劇に出てくるような銃をモチーフとしている気がします。サイズは子供用ということでコンパクト。肩に当てて撃つのは大人では厳しいです。

銃身は上下2連。もちろん順番に発射していきます。装填は中折式。コッキングはポンプアクション。ショットガン好きには溜まらない要素が詰まっているブラスターですね。

最大の目玉・中折式アクション

dsc00291

本体後ろのオレンジ色の小さい出っ張りがバレルオープンのためのロックレバーです。これを下に引き下げることでバレルが開きます。

dsc00293

ヒンジ部にブレーキが内蔵されているので一気に開かないようになっています。玩具ですので安全面に配慮されているんでしょうね。勢いをつければ片手オープン、クローズも可能ですがヒンジ部の強度が心配になるかも。

dsc00294

ダーツは二本。発射は1本ずつです。ナーフのバレルブレイクと違ってグリップ側に装填します。

XShotのダーツはナーフのものよりも短いのですが、太さが同じなのでこのヴィジランテでも使用可能です。上段はバレルと干渉しますが軽く押し込んであげると問題なく閉まりますし、発射もできます。

ストックはダーツフォルダー兼用

dsc00295

ストック部分にはダーツが4本ほど格納可能です。押し込めば5本くらい。これが地味に便利でして、しっかりフタが閉まりますので落下の心配もないですし、収納も気楽にできます。ナーフでもモデルによってはグリップ部にダーツ1本分の収納スペースが有りましたよね。

小技ですが開いた状態では大人がちょうど構えやすいくらいのストックの長さになります。開いたまま固定できるよう加工する必要がありますけれども。

ショットガン好きには是非

dsc00296

ナーフと比べると非常にオモチャっぽいというか質感のチープさが気になります。が、ギミックの楽しさは一級品ですので是非とも入手して欲しいブラスターとしてオススメできます。

価格も1999円とシリーズの中では安めです。

一応、ナーフのダーツがそのまま流用できるのでゲームなどで使えるのが強みですよね。トイザらス店頭販売ですので、お近くにありましたら是非。

こっちがオリジナルブランドになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Slime より:

    ナーフのダーツは使えますか?

    • KDWK より:

      ほぼそのまま使えますよ!ナーフのダーツの方が少しだけ長いので装填時にやや押し込む必要がありますが、実射については全く問題なしです。