【レビュー】スーパーソーカー サンダーストーム ~放水時間は随一!な電動水鉄砲~

2011~2012年に登場したスーパーソーカーの水鉄砲です。「ストームシリーズ」の一つとして登場し、その扱いやすさから非常に人気の高い電動水鉄砲でした。

dsc00379

このスーパーソーカーシリーズは水鉄砲では珍しいマガジン方式を採用したこと、Nストライクと共通のアクセサリが使えることなどから「水鉄砲=子供」というイメージを覆し、特に大人という購買層を獲得できた点では非常に大きな成果があったそうです。

扱いやすいピストル型

外見は大きなマガジンが目立ちますが、全体としてはコンパクトにまとまった秀逸なデザインですね。持った時の重量も軽く、両手持ちも余裕で可能です。

dsc00380

知らない人が見れば水鉄砲には見えないデザインですよね。本体の左側にはマガジンリリーススイッチ、電池ボックスがまとめられています。

一応は電池ボックスは完全防水らしいですが、実際には水漏れ等で錆びてしまう事例が多々ある用です。ですので水没するような使い方…特にお風呂で遊ぶと温度差のために水が入りやすくなりますので注意しましょう。また遊んだあとは必ず電池を外して乾燥させた方が賢明です。

マガジン交換は水鉄砲の常識を覆す?

dsc00381

マガジンはもう通常のナーフと変わりません。逆さまにしても振り回しても水がこぼれない(こぼれにくい)ように出来ていますので、走り回るような遊びをしても全く問題はありません。

dsc00383

マガジン上部には給水口と空気取り入れ口があります。何気にベルトに挟めるクリップが付いているのが便利です。

dsc00384

ナーフのマガジンとの比較。水タンクには見えませんよね。dsc00385

フタには紐が付いているので落下・紛失の心配がないように作られています。さすが。

アクセサリレール付き

dsc00386

ナーフ規格のアクセサリレールとストックアタッチメントがありますので、スコープでもシールドでもなんでも取り付け可能です。ただし水遊びに使うものですので浸水するとマズいアクセサリ…灯火類やサブブラスターは避けた方がいいでしょうね。

dsc00387

オススメはモジュラスのシールドです。水にぬれても大丈夫。
※中にバネがあるらしいので使用後はすぐに水を切って乾燥を

dsc00388

ストッケードのストックなど。見た目はもう普通のナーフになります。

実射性能などはまた後日。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク