【レビュー】ゾンビストライク スリングファイア~気分はターミネーター?スピンコック可能なブラスター~

2014年にゾンビストライクシリーズから発売されたレバーアクション式ブラスターがこのスリングファイアです。

dsc01780

見ての通りに西部劇や狩猟用のショットガンのような見た目です。中身が詰まっているためか見た目以上にズッシリとした重みを感じますしサイズも意外と大きめ。ショットガン風ではありますが撃ち出すのは1発だけになります。

dsc01781

反対側にはロゴなどは無し。延長バレルやストック交換は不可。出来るだけ短いマガジンを使う方が見た目としては収まりが良くなります。

dsc01785

木製ストックのように見えますがプラスチック製。グリップの汚れは塗装によるもの。使い込んだ感じで雰囲気がよく出ています。

スリングファイアの魅力、レバーアクション

まずはこの動画をご覧ください。


映画「ターミネーター2」序盤の見せ場シーンの一つです。シュワルツネッガー演じるターミネーターが片手でショットガンをコッキングする格好良さは多くの人を惹き付けました。

スピンコッキングや振り下ろしコッキングを試してみました。スリングファイアはこのような遊びが可能です。

性能的には初速は17m/sほどと

dsc01782

それもこれもスリングファイアがレバーコッキングであるため。そして丁度いい大きさであるため。安全のためかトリガーとレバーは別となっています。

dsc01783

レバーはここまで押し切らないとロックがかかって戻らなくなります。かなり柔軟性・粘りのある素材ですので簡単に折れることは無さそうですけれども、かなり薄っぺらい部品なので捻ったり横に折れるような動きは避けたほうがいいでしょう。

release_btn

なお、ダーツが詰まったりしてレバーが動かなくなった場合はこのロック解除ボタンを押します。詰まったら絶対に無理にレバーを動かさないこと。ギアが欠けて使い物にならなくなります。

アクセサリレールは1箇所だけ

レールは上面に一箇所のみ。スピンコックするならもちろんアクセサリは付けないほうが良いです。

dsc01784

マガジンを含めて出来るだけシンプルにしたほうがスリングファイアの個性が引き立つと思います。

ショットガン2種

ナーフのショットガン、スレッジファイアとの並びです。どちらも非常に個性的なショットガンですので2つとも買いそろえる人が多いようです。

dsc01786

どちらも装填やコッキングが独特でナーフ戦などの対人戦では使いにくいですが、個性が強いので室内の的撃ちで遊ぶにはこれ以上無く楽しいナーフであるともいえます。

スリングファイアは慣れた人であれば両手持ちでクルクル回すことができます。多少の練習が必要ですが従来のナーフではできなかった魅せ技ができるというのは面白いですね。

国内で買うと6000円位。米アマゾンが直送してくれないこと、そもそも本体価格が高いことから日本の並行輸入品が割安に見えるくらいです。

対応ダーツ・アクセサリ

※延長バレル、グリップは取り付け出来ません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク