【レビュー】アキュストライク アルファホーク ~ハズブロの本気を見た?ナーフ初の本格狙撃銃~

2017年に発売されたアキュストライク・シリーズのスナイパーライフルがこのアルファホークです。

ハズブロ社によれば「精度向上できないか」という顧客の要望が常に上位にあったとのことで、それに答えるべく新設されたのがこのアキュストライクシリーズなのです。

dsc02004

ナーフと言えば子供向けのためにストックやグリップ周りが一回り小さなものが多いのですが、このアルファホークはやや大柄で高年齢層向けの商品になっています(パッケージでは8歳以上用)。

パッケージは精度向上を全面に

幅70cmクラスの大型パッケージで非常に目立ちます。何気ないことですが本体をパッケージに固定するヒモがグレーとオレンジで使い分けられている事に細かい気遣いが感じられます。

本体はすでに組立済みでユーザーがしなければならない事はボルトを差し込むだけ。

dsc01998

アキュストライクはNストライクエリート下のサブシリーズ扱いのようです。パッケージにも2つのロゴがあります。

dsc01999

アキュストライクの精度向上の””の一つがこの専用ダーツです。パッケージでもこのダーツが目立つように配置されています。

各国語で「The Most Accurate NERF DART!(最も高精度なナーフ弾)」と書かれており、しかもダーツ1個だけを目立つようにパッケージするという…ハズブロのアキュストライクへの期待度・本気度が良くわかります。

dsc02002

裏面も同様に精度アップの文字がいっぱい。30フィート(9m)の実射試験ではかなりの集弾性があったとのこと。

ニュースサイトによればアキュダーツの開発期間は2年に及ぶそうです。

dsc02001

左下の他商品紹介を見る限り、ダーツとファルコンファイアだけでアクセサリ等の展開はまだ無さそうです。

dsc02003

ダーツパッケージの裏に小さいボルトハンドルの部品が入っています。ロックが掛かるので一度差し込むと取れません。

剛性感のあるグリップと本体

持ってみて思うのが剛性感の凄さ。グリップ含めてギシギシ感が少なく、多少の力を加えてもしなるようなこともありません。かなりガッチリしています。

dsc02005

ストックもかなり頑丈です。肩に押し付けるように構えても大丈夫。

dsc02015

グリップはラバー付で滑りにくくなっています。何てことはない部分ですが、すごく豪華に感じるのは私だけでしょうか。

ちなみにシリンダー回転はトリガーを引いて戻したとき。発射と同時に回転しないのでブレが少ないんでしょうね。ボルトを引いた感覚もカッチリとしています。

本体はちょうどいい長さ

かなり大きく感じるアルファホークなのですが、大きさとしては意外とコンパクトです。取り回しのし易いサイズですので実戦向き。

dsc02006

ロングストライク(約1m)との比較。アルファホークの長さは70cmほどでロングストライク本体と同じくらいの長さです。

dsc02008

グリップからストックまでの長さはほぼ同じくらい。

あとボルトハンドルを見比べると良くわかりますが、アルファホークのものはにコンパクトで出っ張りが少なくなっています。ロングストライクが大きなオレンジ色のボルトを手で握って引くのに対し、アルファホークは指で引っ掛けて引くような感じ。

ダーツ装填はシリンダー式

アルファホークはマガジンではなくリボルバー式のライフルとなっております。マーベリックやスペクトラ(ボーンリボルヴ)のように横にスイングアウトしますので装填しやすく、まさに実戦向き。装填数は5発です。

dsc02010

またダーツのズリ落ちによる装弾不良を防ぐためか、銃口を下にするとシリンダーの軸(写真でオレンジの軸パーツ)が飛び出るようになっています。銃口を水平、または上に向けておかないと上手くシリンダーが戻せません。

サイトは大きめ

アルファホークの照準はしっかりしたリング状のもの。調整不可なのが残念ですが射程距離を考えると調整する必要性は無いのかもしれませんね。

dsc02011

狙って当てられる射程距離は9mほどの模様。射程外の距離からスナイプするのではなく、高確率でヒットさせられる強みを活かした戦い方がメインとなるのではないでしょうか。

dsc02009

先日、トイザらスで配布されていた迷彩スコープが使えます。もちろんそれ以外のスコープも。オレンジ色が同系色なのでピッタリです。

バレル下にレールがあるのでバイポッド、グリップ等も装着可能。

専用ダーツだけでなく何でも使える万能選手

専用のアキュダーツしか使えないように思えますが、実はダーツはなんでも使えます。

dsc02014

左から普通のエリートダーツ、吸盤ダーツ。アキュダーツ、旧ウィスラーダーツ(笛付)、旧吸盤ダーツ。これら全部使えます。左2つの青いエリートダーツは公式に互換性を謳っているので問題なく使用可能。安定性が落ちるだけで射程距離はそのまま。

右の旧ダーツは飛距離や精度が落ちますが問題なく発射できます。

写真ではありませんがオレンジ色の旧ノーマルダーツ(ストリームダーツ)は弾芯の関係で装填できず使えませんでした。

5~6m先でバシバシ当てれる

廊下と部屋を使って5~6m先のミルク缶の底を狙ってみました。

結果は5発中3発ヒット。残り2発もそれなりの距離に。射撃の腕がない私が箱出し1回目でここまで当たります。上手い人ならもっと長距離で、もっと高い命中率を狙えるはずです。

狙った場所に弾が飛んで行くという当たり前といえば当たり前のことですが、それだけの事でびっくりするくらいに撃って気持ちいいブラスターとなっています。

国内版もまもなく発売。グレートリガー版がどこまで飛距離が落ちるか不明ですけれども、是非とも買って欲しいナーフの一つです。

対応ダーツ・アクセサリ

※延長バレルは取り付け出来ません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク