【レビュー】ハルク・アボミネーション ホーネット ~6発同時に刺す!超高火力スズメバチ~

2004年に登場したホーネット。圧縮空気で高速連射・全弾発射が出来るブラスターとして有名です。2008年には映画「ハルク」の公開を記念して緑色のカラーバリエーション品が発売されました。

DSC02460

タイタンとセットのユニティシステムとしての発売でしたが、スカウトについては付属していません。

DSC02463

インクレティブル・ハルクのロゴはホーネットだけのもの。タイタン(ミサイルランチャー)の方にはロゴはなし。

SF的な外見

外見はSF映画やゲームに出てくる近未来的なもので、今現在販売されているナーフとはやや雰囲気が異なっています。

DSC02461

でも決して持ちにくいことはなく、むしろ小脇に抱え込むように保持できるので取り回しの良さは抜群によかったりもします。

6発のダーツが装填可能な前面部

バレルの上にあるスライドが安全装置を兼ねたもので、発車前には前にスライドさせておく必要があります。

DSC02464

先込め式ですのでダーツは選びません。ノーマルサイズのダーツでしたら旧型から最新のアキュストライクダーツまでなんでも使用可能。

なんだか禍々しい雰囲気ですね。

発射準備について

ダーツを込めて、バレル下部のポンプで空気を圧縮し、前述の上部スライドを前に引き出し、
インジケータが前に出たことを確認してようやく発射できます。面倒ですが安全上、仕方がないのかもしれませんね。

横の穴から見えるオレンジ色のインジケータが残弾数と圧縮空気の推定量を示しています。

DSC02467

残弾6発の場合。引き金を引いていくとオレンジのインジケータがブラスター後方に移動していきます。

DSC02469

残弾なしの状態。

ポンプはブラスター下部のピストンレバーで。

DSC02470

ポンプ回数はおおよそ10回くらいでしょうか。かなり重たくなります。室内撃ちではそこまで強く圧縮する必要はないかもしれません。

連射について

発射準備ができたら、あとはトリガーを引くだけで連射可能です。電動式とは全く異なる非常にレスポンスのいい速射が楽しめます。「トリガー引く→モーター回る→撃つ」ではなく「トリガー引く→撃つ」というダイレクト感があります。

またブラストモードと呼ばれるボタンが側面についており、これを押すと6発全てを一斉に発射することができます。

DSC02465
これぞホーネットの真骨頂と言いますか精度なんて関係なく弾をばらまく姿はまさにショットガンのようです。

今でも通用する名ブラスター

セット商品であるハルク・アボミネーションブラスターを構成する1つのブラスターですが、もちろん単体でも使用可能です。空気の圧縮動作が必要ですので面倒といえば面倒ですが、6発同時発射の火力は病みつきになります。是非。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク