【レビュー】スターウォーズ チューバッカ・ボウキャスター ~意外な良ナーフ。夜間でも遊べる高い静粛性~

2015年に映画「スターウォーズ」とのコラボ商品として登場したのがこのチューバッカ・ボウキャスターです。クロスボウのような外観のナーフで、実際にゴム紐の力でダーツを飛ばします。

側面には専用のダーツホルダー、レール上には新規造形のスコープ。ダーツホルダは他に使いまわしは不可。

パッケージも豪華で、大きなイラスト・アートが描かれています。飛距離は20mとなかなかのもの。

新デザインの双眼スコープ付

ボウキャスターには新規造形の双眼スコープが付属しています。

例のごとくただの「筒」ですので照準として使うことは出来ませんが、グレー成型色の何にでも合いそうなデザインですのでカスタマイズ用としてかなり有用なパーツです。

ストロングアームに。違和感なく装着できます。

ちなみに覗き込んだ場合。内部が非常に狭いので視界はほぼゼロになります…

チューバッカのイメージにそぐわぬ?コンパクトな石弓

チューバッカと言えば巨体で力持ちというイメージが有りますが、ボウキャスターはコンパクトで非常に軽量なブラスターとなっています。

レベルのガーディアンクロスボウとの比較。女児向けシリーズのものよりも更に小さいです。通常のナーフよりも低年齢層向きの商品ですので仕方ないとは言え、少し寂しいかもしれませんね。

側面から。ボウキャスターはフレーム構造?ですので本当に軽いです。

ストック部分は肉抜きされているほど。 …コスト面では仕方ないとは言え、このストックは…

隠密作戦に最適

通常、ナーフはバネやモーターの力でダーツを発射します。これらは動作させるとどうしてもそれなりに大きな音が発生し、場合によっては敵に自分の居場所を知られる危険性があります。あと大きな音がでるブラスターは夜間には遊べません。

ボウキャスターのようにゴム紐ならパーツの稼働音がなくなります。ゴムのビョインという音とダーツの着弾音だけ。威力はそれほどでもありませんが、それも静音性に一役買っているんでしょうね。

安全装置のせい?発射できない場合有り

ボウキャスターに限らずゴム紐型ナーフには空打ち防止用の安全装置がついています。不意にゴムが戻ると危ないということでほぼ内蔵されています。

構造としては非常に単純で、ダーツを装填することでスイッチが押し下げられ、トリガーが引けるようになります。しっかり装填していない場合はロックがかかった状態になります。

ダーツがない状態。このままでは引けません。

ダーツを装填した状態。これでトリガーを引いて発射できます。

非常に優れた安全装置なのですが、実は「ダーツの状態に影響される」という大きな弱点が有るんです。具体的に言えばヘタって細くなったダーツ、折れたりして柔らかくなったダーツ、純正ではない互換ダーツ等は安全装置のスイッチを押せず、発射できないことがあるんです。各所レビューを見ましても、このせいで一般的な評価を下げているような気がします。

スターウォーズ好き以外にもオススメできるブラスター

評判があまり良くないように思っていましたので今まで購入を躊躇していましたが、店頭特価セールにたまたま居合わせたこともあって購入してみました。

…予想を大きく、いい意味で裏切られた気がします。特に静粛性が高いというのは日本の住宅事情的にもかなりの高ポイントなのではないでしょうか。

例えば夜間。電動ナーフはもちろんですが、コッキング式のものでも案外とバネの音が響いたりします。なんとなく撃って遊びたいなーと思っても、騒音を理由に諦めることが多々有りました。ボウキャスターですと本体側の騒音はほぼクリアできますから、これは凄く有り難いです。

スターウォーズのコラボナーフの中でもかなり安くなっています。性能という点では控えめですが、遊びやすいブラスターであることは確かです。

すでに生産中止、今は在庫処分中の模様、お早めに。

対応ダーツ・アクセサリ

※ロングバレル、バイポッド、プロキシミティバレル、フォアグリップは使用できません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク