【レビュー】ナーフ ストライクエリート「ストロングアーム」~所有欲を満たす?魅惑の大型リボルバー~

2013年に販売されたストライクエリートシリーズの一つです。まるでマグナム弾を使うリボルバー式大型拳銃のようなデザインとなっており、実際にシリンダー部分は横に出す(スイングアウト)させることが可能となっています。

デザインは近未来的で仮面ライダーとか特撮系で出てきそうな感じ。


ただ残念ながら実銃とは違い前込め式です

デザートイーグルより大きい!大型拳銃ブラスター

同じリボルバー拳銃型のマーベリックREV-6の後継機種とされていますが、こちらは一回り大きな大型拳銃型ブラスターとなりました。全長は約30cm。大型拳銃として有名なデザートイーグルが27cmですから、その一回りも大きいことになります。

とはいえ軽い(約370g)ので子供でも楽々と振り回せます。しかも本体が大きいので両手持ちしやすく、扱いやすさは抜群です。形状の素性の良さもあって改造ベースとしても非常に人気の高いブラスターのようです。

コッキングはスライドで。


コッキングはレバーではなく、ブラスター後部のスライドで。大きなスライドなので持ちやすく、力が入りやすくなっています。バネ式なので引いた後は手を離すと下に戻ります。トリガーも軽め。非常に撃ちやすいと感じました。

こちらの撃ち味?の良さも人気の一因なんでしょうね。

最大の特徴、シリンダーのスイングアウト

オレンジのボタンを押すとシリンダーのロックが外れ、横に出せるようになります。ダーツの装填は前から。構造的に仕方ないとはいえ、後込めにならなかったのだろうか…ダーツを全部入れたら手でシリンダーを戻してあげると装填完了。格好つけるなら手首のスナップで片手だけで戻すこともできます。西部劇やアクション映画みたいに。

strongarm
小気味よくカチャッ!と戻ってくれます。これぞリボルバーの醍醐味ですね。

コッキングスライドを引いたら狙いをつけてトリガーを引くだけ!

個体差が大きいブラスター

色々なサイトを見ていると、どうやら個体差…もっと言えばシリンダーの穴の位置でも飛距離の差があるようです。特にハズレ個体・ハズレ場所ではほとんど飛距離が伸びない時があります。構造的に隙間が多いので仕方がないのかもしれませんね。

すでに書きましたが、その形状の素性の良さから、多くのMOD(改造)の土台となっています。

弟分のディスラプター(高性能)が出たことで影が薄くなってしまったストロングアームですが、変更モデルの中で唯一無比のスイングアウトするリボルバーということで大きな存在意義があるブラスターです。価格も控えめですので万人にオススメできるナーフです。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク