【レビュー】Nストライクエリート ディスラプター ~原点回帰~

本日発売のディスラプター。海外版ではなく国内版を購入しました。国内版とはいえ飛距離は21m(海外版は27m)。通常の国内版が15mでしたので大幅なアップです。またユニバーサルダーツ(吸盤ダーツ)が付属しますので、飛距離6mの差を考えても国内版はお得ではないでしょうか。

パッケージは日本語版。アキュストライクが使えるとか飛距離21mとか。

一番気になるのはここではないでしょうか。ライバル?となるストロングアームは15mですから、実に6m、約3割の差です。

12本の吸盤が付属するガチ連射キットとして販売されています。誤解される方がいるようなのですが連射と言ってもフルオートで撃てるわけではなく、1発ずつの手動コッキングになります。

マーベリック→ストロングアームの流れをくむ正統派リボルバー

デザインはナーフの中ではオーソドックスなスライドコッキング式のリボルバー。

シリンダーはスイングアウトしませんが、そのおかげで前面部はかなりスッキリした見た目となっています。ダーツの装填も前面部からそのまま出来ますのでとても楽です。

小さく見えるのですが意外と大型のハンドガンでして、並べるとストロングアームよりもやや大きいくらい。

前面部からの眺め。この辺は好みになるんでしょうが、ゴツゴツしたストロングアームにスッキリしたディスラプター…どちらも格好いいナーフです。

ディスラプターの方はスライドにスリングの取付部がありません。ですのでスリングをつけて両手2丁持ちコッキングができなくなっています。リアサイトの横穴に紐を通せば可能でしょうが…

実射性能はまた後日に別記事でやるとして…

触った感じでは非常に安定してダーツが飛ぶという印象を受けました。ストロングアームは場合により足元に落ちるような弾道があったのですが、ディスラプターはそれがなくほぼすべて同じように飛びます。

可動部品が少ないことが奏効しているのでしょうけれども、思うどおりに狙って気持ちよく撃てるというのは本当に楽しいことだと思わせてくれるナーフです。

過去にマーベリックで多くの人々の心をつかんだように、ディスラプターもその魅力でナーフの面白さを広く伝えてくれるのではないでしょうか。そういった意味でも「ダーツを撃つオモチャ」という原点に回帰するブラスターなのではないか…と感じました。

対応ダーツ・アクセサリ

※使用できるのはスコープ、シールド、ドットサイトのみとなります

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク