【雑記】ナーフで使える?HUDアプリ「TekRecon」

サバコン!というブラスターをご存知でしょうか。輪ゴムのような小さなリング状ペレットを発射する対人向けのトイガンでして、日本ではタカラトミーのブランドとして販売されていました。オリジナルは米国のTekReconというブランドでして、国内と同じラインナップで販売されています。

デザインも格好良く、スマホと連動させたりと意欲的なトイガンだったのですが…

基本的な部分で弾詰まりが多いとかトリガーが重いとか扱いにくく、国内の販売広告にしても途中で投げっぱなしになっちゃたりとかで人知れず消えつつあるのが現状です。公式サイトもComingsoon!のままのページありますし…

タカラトミーサイト
http://www.takaratomy.co.jp/products/sabakon/

と、ネガティブな出だしではありますが、このサバコン用アプリは意外と遊べる出来になっており、しかも機器認証などもないのでサバコン製品でなくても起動します。機能としてもナーフでも使えそうな感じ。

ということで試してみることにしました。

Tech Recon: Advanced Battle Systems

Tekreconの公式アプリになります。ダウンロードは以下から。

Cover art

Andoroid版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.addispatch.tekrecon&hl=ja

iPhone版
https://itunes.apple.com/us/app/tech-recon-advanced-battle-systems/id681861045?mt=8

実際にはアカウント登録してチーム戦をするためのアプリだそうですね。専用ガンを使うことで残弾表示や戦績管理もできるそうです。ナーフではそういった機能は使えないので、他の機能を使う事になります。

色々遊べる電子スコープ

文章よりもまずは画面を御覧いただいた方が早いかもしれません。

手持ちのナーフターゲットに向けてみました。こんな感じにHUDが映し出されます。方位、傾きはジャイロ機能できちんと機能します。本物のHUDっぽいですね。

赤外線カメラっぽくしたり

サーマルスコープ風とか

暗視スコープ風とか。

もちろんそれぞれ見た目だけですので実際に暗所で見えるようになるとかはありません。ただ凄く雰囲気がでるのでかなり面白い機能であります。

そうそう、虫眼鏡を押すことでデジタルズーム機能を使った2倍拡大も可能。ただし画質はとても荒くなります。

実際にはこんな感じにマウントしています。マウントは半自作。もっとガッチリとしたマウントを用意できるのであれば照準代わりにも使えるかもしれませんね。

余談ですがマウント部はこんな感じのスマホスタンドの上半分を失敗した3Dプリントパーツにネジ止めしてあるだけです。

足が絡められるのでブラスターによってはそのまま使えるかもしれません。

スマホ装着例。軽量で小さいスマホの方が良いですね。

ちなみに米アマゾンではこういうナーフ用スマホアクセサリも販売されています。

脱線しましたがTexReconはお遊びとしてなかなかおもしろいアプリです。ナーフに取り付けずにスマホだけで遊ぶのももちろん可能です。是非お試しを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Slime より:

    アプリは無料ですか