【レビュー】Nストライク スイッチショット ~これぞゲームとリアルの融合~

スイッチショット

かつてナーフのビデオゲームが発売されていたことをご存知でしょうか?

2008年にWii用ソフトとして登場した「Nerf N-strike」。開発・発売がEAということでアクションシューティングゲームとしてなかなか完成度が高く、評価の高いゲームです。後年には続編となるElite版も発売されています。

Nerf-N-Strike Bundle - Nintendo Wii

http://amzn.to/2pp6fPc

ゲームオリジナルのブラスターを使用できるのも魅力であり、実際に発売して欲しいようなものも多数登場しています。日本未発売のため国内での知名度は低いのが残念ですね。

付属品はブラスター

このソフトにはWiiリモコンを装着して使用できる専用ブラスターが付属していました。

それが今回紹介するスイッチショットになります。同梱品だけでなく単独でも発売していたそうで流通量はかなり多い模様。続編の「N-Strike Elite」発売に合わせてエリート版も登場しています。

見た目は良くあるコンパクトなハンドガンですね。レバーを引いてコッキングする単発型。ある意味、完成されたスタイルです。

アクセサリレールは下部にありますが使用できるものは限られるかも。グリップが細身ですので持ちやすいのが好印象です。

前面部には2本分のダーツホルダーあり。小さいながらもきちんとしたサイトもあります。

ご覧のようにごく普通のブラスターでありまして、取り立てて特徴がないように思えるんですが…実はゲームのバンドル品ということで大きなギミックを備えています。

機関部が取り外し可能ということは…

実はこのスイッチショット、ダーツを撃ち出す機関部と操作部を分離させることが可能となっています。前のパーツを倒すことで機関部をごっそりと抜くことが出来るんです。

なお機関部単独ではほぼ発射不能。一応、ヘアピンなどを使ってスイッチを押せば可能ですが実用性はほぼありません。

そして取り出した機関部の代わりになるものといえば…

すでにお気づきの方が多いでしょうけれども、Wiiリモコンを代わりに装着することが出来ます。受光部が空いていますのでもちろんこのまま操作可能。

トリガーと連動して押し上げる仕掛けが有りまして、これによりWiiリモコンのボタンを押下するようになっています。

ストラップを付けたままでも。

キーコンフィグに依存しますが、恐らくはリモコンで狙いを付けるシューティング系ゲームはほぼ使えるのではないかな、と思います。

実は以外な良ブラスター

こういう付属品は得てしてオマケ扱いのために品質が低かったりするのですが、このスイッチショットについてはさすがナーフというか結構な頑丈なつくりとなっています。ただし性能面ではやや控えめ。

ゲーム内だけでなく、実際にダーツを撃って遊べるというのはとても意欲的な試みではないでしょうか。

銃型コントローラとしては過去に多くのハードから販売されていましたが、どれもがコントローラの機能拡張としてだけであり、そのゲームやハードが終われば無用の長物となってしまうことがほとんどでした。スーファミのスーパースコープ、プレステのガンコン、wiiザッパー(ボウガン)…持ってませんでしたがサターンのバーチャガンなんかもありましたが、それらは基本的には対応ゲーム・ハードでしか遊べません。場合によって位は今のテレビでも使用

でもスイッチショットのように普通のナーフとして使えるのであれば、発売から約10年経っても普通の玩具として遊ぶことが可能であり、恐らくこれからもずっとナーフとして仕様されるはずです。

「ゲームだけでなくリアルでも使えるギミックを。」これは是非とも他の周辺機器ハードでも取り入れて欲しいなぁ…と思ったりします。

並行輸入品はすごい値段になっていますね。

こちらは米アマゾン。国際発送してくれるかは販売者次第。

対応ダーツ・アクセサリ

※延長バレル、バイポッド、グリップは使用できません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    이런 쓰레기 같은 기사 만드는구나

    • KDWK より:

      ykt988さんへ。スパムコメントはIPアドレスが記録されます。あと自動削除されちゃいます。止めておきましょうね。