【海外ニュース】ナーフを使った「アサシンゲーム」をしていた学生、一般人を巻き込み事件に…アメリカ

ミシガン州で「ナーフ戦」を行っていた学生らが誤って無関係の女性を襲うという事件が起こりました。
被害にあった女性によれば、学生二人は女性の車を止め、ナーフ銃で発砲してきたとのこと。
「彼らは車を無理矢理に止めました。本物の銃のように見えて怖かった。」

—————
すぐに警察が操作を開始し、17歳と18歳の少年2人が逮捕されました。軽犯罪法違反や暴行罪等の容疑で起訴された場合、最大で93日の懲役刑が課せられる可能性があります。

http://www.wzzm13.com/news/two-grand-rapids-christian-students-facing-charges-for-nerf-assassin-prank/436880707


学生らが行っていたのはアサシンゲームと呼ばれるルールで、指定された対象を「消去」するというものです。専用フィールドではなく町中や建物内を使うこと、ナーフを使って暗殺を行うことが一般的なルールとなっています。

フィールドや時間を指定せずに行うというルールですのでトラブルに発展する危険性は非常に高いゲームでもあります。実際には大学構内や寮内だけに留めるとか、禁止エリアを設けるなど厳密なルールのもとで運営されるものであり、町中…しかも車を無理に停止させるような行動は本来のゲームポリシーからは大きく逸脱しているといえます。

実は「アサシンゲーム」はアメリカの若者の間で爆発的に広がっており、それに伴って事件…例えば最近だとアメリカ各州(マサチューセッツ、ペンシルバニア、ニュージャージー)でも類似の事件が起こっているほか、ミネソタ州では当局がナーフ戦の注意喚起をするほどとなっています。先日には注意した男性が銃を持ち出すという騒動も起こりました。

このまま広がっていくと社会現象・問題として注目される事案となるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク