【レビュー】ボルテックス ディアトロン ~2枚のディスクが敵を襲う!魅惑のマルチショットブラスター~

複数の弾丸を同時に撃ち込むことで火力を倍加できるのではないか…という設計思想があったのかなかったのか分かりませんが、ボルテックスシリーズで唯一の複数発射ブラスターがこのディアトロンです。

登場は2013年。円盤ダーツを発射するボルテックスシリーズ末期の製品であり、ボルテックスシリーズの一つの集大成とも言えるブラスターとなっています。

見た目はプラズマガンやパルスガンというようなSF的なデザインです。ところどころに見える意匠からはSFゲームや映画で出てきそうな雰囲気を感じます。

反対側面。塗装も要所要所で抑えられていますので両側面とも格好いいですね。ディスクの装填もこちら、左側面から。

ビジロンと同じようにリリースレバーを下げることでパシャッとドアが開く仕組みになっています。バネが入っていますのでこの動作がすごく小気味いいんですね。無意味にカシャカシャと開いてしまいます。

装填は最大10発。2発ずつ打ちますので最大5ショットということになります。中に図示されていますがディスクの裏表を間違うと詰まりますので要注意です。

凄く珍しいレバーコッキング

実はこのディアトロン、レバーコッキング式なんです。

レバーを起こすことでスプリングを圧縮し、ディスクを装填します。レバー操作自体は重たくありません。テコの原理でむしろ軽いくらい。

ここまで起こします。無茶なことをしない限りは折れることはないと思いますが、ガキッという手応えですので結構怖いですね。コッキングを行ったらレバーを元に戻します。

発射は2発同時。円盤が固まって飛んで行くのが楽しいですね。弾速が遅いのでフワーっと飛んで行きます。なんだか不思議な感じですね。おおよそ狙った場所に飛びますが、回転する円盤という特性から右に反れていくクセがあるようです。

あと跳弾しやすく、さらに良く転がりますので弾を紛失しやすいのがネック…。

ストックアダプター付き

なかなかストックを使うような想定がないのですが、ディアトロンは延長ストックが使用可能です。

ナーフ規格ですのでボルテックスシリーズ以外(モジュラスやNストライク)のストックが使用可能です。ただ四角いブラスターですので似合うストックが有るかどうかというと微妙なところですね。

WORKER製のストックを取り付けた例。好みが分かれそうな外観になった気がします。個人的にはストックがない方が好みかなぁ、と。

楽しい!けど円盤の入手性に難あり

ボルテックスシリーズは大変に楽しいブラスターであるものの、ディスク弾の価格が高いという最大の弱点からセールス的に奮わなかったという経緯があります。時期によっては1枚100円を超えるようなディスクをバンバン撃てるかというと…ナーフならではの気軽さを完全にオミットしていますよね。

幸か不幸か最近は中国製の互換ディスクが比較的安く出回っており、そういったことからもボルテックスシリーズが見直されているようです。

<<対応ダーツ・アクセサリ>>

※延長バレルは取り付け出来ません
※グリップ、バイポッドは上面取り付けになります

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク