【レビュー】スターウォーズ ブラストテック・ライトセーバー~近接+射撃のマルチ武装~

ライトセーバーと言えばスターウォーズ玩具の定番であり、毎年数多くの新製品が登場しています。

ナーフの発売元でもあるハズブロからも販売された一つがこのブラストテック・ライトセーバーです。

このブラストテックはナーフのようなブラスターを取付可能なライトセイバーでして、斬撃と射撃を同時に行えるマルチなブラスター(ライトセーバー)となっています。

ライトセーバー部分もしっかり作られており、ボタンを押す事で発光と効果音を楽しむことが可能となっています。ただあくまでも廉価版のライトセーバーのためサウンドギミックのバリエーションは少なめ。

”刃”の部分は弾力のある透明パイプで出来ております。固定式のライトセーバーと違って伸縮させて遊ぶことが出来ますが…

一方で段差が非常に目立つので好みが分かれそう。柔らかいパイプとは言え、叩いたり突いたりすると怪我や破損のおそれがあるので注意です。

ナーフファンとして最も気になるのがこのブラスター部分ではないでしょうか。先込めの単発式となっています。

ライトセイバーを左側の穴に通すことで装着します。ロックがあるので付けたまま振っても飛び出さないので安全です。

実はこのブラストテック・ライトセーバーは非常に独特なコッキングシステムを採用しています。

まずは銃口部にダーツを入れます。安全装置がありまして、ダーツが入っていない状態ではコッキング出来ないようにロックされています。

ダーツを入れたら指や手のひらで銃口部を押し込みます。正常ではカション!という感じに軽く銃口が引っ込みます。抵抗を感じた場合はダーツが奥まで入っているかどうか確認しましょう。

手を話すと銃身部は元に戻り、ダーツだけが奥に残った状態になります。これで発射準備完了です。

近接武器としても射撃武器としても万能に使える有能兵器…といえるのですが、一つだけ致命的な弱点が有ります。

それは威力が非常に、非っ常に低いこと。初速で言えば平均8.5m/s。国内で販売されているナーフが12~15m/s、海外版が16~21m/sくらいと考えるとその低さはずば抜けて低いものとなっています。飛ばないことで有名なハートブレイカーボウと同じレベル。

ちなみにナーフシリーズではありませんが弾は共通のものですので流用可能。

逆に言えば至近距離で撃たれても安全ということになります。殺陣をしながら撃つような遊びをするにはこれくらいの威力のほうが逆に有り難いかもしれませんね。

ダーツはしっかりと刺さっていますので多少の剣の振りでは脱落しません。これも有り難いところ。

2017年10月時点では在庫一掃中なのかかなり格安値となっています。気になる方はいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク