【レビュー】リップロケッツ スイッチファイア ~多銃身・連射型ブラスターの原点!?~

1994年に発売されたナーフブラスターです。2つのバレルを持ち、切り替えスイッチ式であったものの順番に発射できる画期的なブラスターでした。今のナーフダーツ規格で、そして銃身そのままで連射できるという点でもナーフの中での一つの原点ともいえるモデルかもしれません。

CIMG0419

パッケージ下にはボールブラスターやスーパーマックスシリーズが紹介されています。

CIMG0420

発射機構はマニュアルプランジャー方式

発射はスプリング式ではなくマニュアル式、つまりピストンを手で押し出すことでダーツを発射するシステムです。筒形水鉄砲と同じような仕組みですね。

CIMG0421
ですので飛距離は完全に使用者の腕にかかっています^^

今とほぼ同一規格!マイクロダーツ使用

CIMG0422

ダーツも現在とほぼ同一規格のマイクロダーツ(吸盤ダーツ)が付属していました。おそらくはエリートダーツも問題なく発射できるんだと思います。

現行のブラスターシリーズとは全く異なる「安いオモチャらしさ」をビンビンと感じるブラスターでした。ショットガン風のイメージイラストと実際のブラスターが大きく異なるのも、この「安いオモチャらしさ」を感じます^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク