【工作室】ナーフでBooMcoダーツを飛ばしてみる~ダイソー・ストローを使用~

先日のエントリーでBooMcoダーツの自作が出来るかという試みをご紹介いたしました。結果としては失敗だったわけですが、せっかくなので残ったストローで別の工作をしてみることにしました。

BooMco→ナーフアダプターを自作してみる

ダイソーの12mmストローはナーフダーツ(13mm)とほぼ同サイズ。かつBooMcoダーツが中に入るサイズ。ということは変換アダプターとして使えるのではないかと考えました。

用意するのはコチラのダイソーの12mmストロー。タピオカドリンク用の極太タイプだそうです。

これを適当な長さに切って…

そのままではナーフに装填してもユルユルなのでテープを巻いて…

あと、ナーフは銃口奥に安全弁と呼ばれる空気を遮断する部品がありまして、ダーツ以外のものを発射出来ないような仕組みになっています。ですのでこの安全弁を押し込むか、分解して取り去るかしないとBooMcoダーツは発射できないというわけなんですね。

といってもやり方は非常に簡単で、ストローの一部に切れ込みを入れて

内側に折り曲げて…

この折り込んだ部分で弁を押してあげるようにストローを差し込むだけです。

BooMcoダーツを装填するとこんな感じに。

空気の漏れが大きいので威力的には期待はできません。あくまでもBooMco弾が飛ぶ!というくらい。

もっとダーツに合ったサイズのパイプを使って気密性を高めれば実用レベルにまでは上がるかも。そのあたりはもっと工夫が必要ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    結構いろんなことにチャレンジしてるんですね。というかそんなこと (と言っては失礼ですが・・・)思いつきますね。