JR東日本 E231系500番台 山手線 ペーパークラフト

山手線は東京都の品川駅を起点にして渋谷駅・新宿駅・池袋駅~田端駅を結ぶ路線と、東海道本線、東北本線の一部を含めた環状路線です。総キロ数は34.5kmに及びます。都市部の要所を結ぶ路線であるために各駅間が短く、更に乗降人数が非常に多い事が特徴です。

これらの路線事情により投入される車両は「高加速度」で「乗降に効率的」なように設計されています。

E231系は2000年ごろから首都圏に投入されたJR東日本の通勤型電車です。まず中央・総武緩行線の0番台と東北本線の近郊型が2000年に、山手線の500番台が2002年に、地下鉄東西線直通用の800番台が2003年に順次投入されました。

JR東日本 E231系500番台 山手線

JR東日本 E231系500番台 山手線

JR東日本 E231系500番台 山手線

山手線は駅間距離が短いために他路線のE231系よりも起動加速度が高く設計されています。ラインカラーは山手線の路線色であるウグイス色です。

2009年には山手線命名100周年記念として「チョコレート電車」が走りました。

JR東日本 E231系500番台「山手線命名100周年 チョコ電車 」

JR東日本 E231系500番台「山手線命名100周年 チョコ電車 」

JR東日本 E231系500番台「山手線命名100周年 チョコ電車 」

明治製菓とのコラボラッピングで、当時の山手線を走る茶色(ぶどう色)の電車とチョコレート色を掛けたものとなっています。

2013年には山手線色誕生50周年を記念した特別ラッピング車が登場しました。

JR東日本 E231系500番台 「山手線50周年記念 みどりの山手線」

JR東日本 E231系500番台 「山手線50周年記念 みどりの山手線」

JR東日本 E231系500番台 「山手線50周年記念 みどりの山手線」

かつて山手線を走っていた103系ウグイス色を彷彿とさせるような前面緑色のラッピング電車となっています。

★鉄道ペーパークラフトにオススメの用紙です★

プラスの用紙は0.128mm厚で薄いですが細かく作りやすいです。
コクヨの用紙は0.21mm厚でガッシリしているのでお子様が遊ぶのに最適です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

---------------------

アクセス数(ダウンロードによる転送量)が激増しており、過負荷エラー頻発しております。

もしアマゾンで買い物がある場合は以下のAmazonバナーからアクセスして何か購入してもらえると紹介料(購入価格の1~2%)が入りますので大変助かります。サーバー費用のカンパとしてお手伝いして頂ければ幸いです。

シェアする

フォローする