神戸市営地下鉄 3000系 ペーパークラフト

神戸市営地下鉄 3000系 ペーパークラフト

神戸市が運営する地下鉄で、海岸線と山手線の2路線(詳しく分ければ4路線)を運営しています。神戸市中心部を東西に結ぶ地下鉄で、路線長は30.6kmに及びます。

1971年に西神線の工事着工が神戸市地下鉄の始まりです。1977年に名谷~新長田駅間が開通、地下鉄開業となりました。その後も延伸を続け1983年に山手線の新長田~大倉山間、1987年に西神学園都市~西神中央間、2001年に海岸線新長田~三宮・花時計前間が開通しています。

2017年にはホームドアが設置される計画もあり、同時に車両更新も行うとしています。

3000系は1993年の西神南駅の開業時に導入された地下鉄車両です。神戸市地下鉄では初のVVVFインバータを採用しています。車両デザインは乗り入れ先の北神急行7000系と類似しています。

kobesub_3000

神戸市営地下鉄 3000系

神戸市営地下鉄 3000系

神戸地下鉄の西神・山手線用の車両です。NHK大河ドラマとタイアップしたラッピング車となりました。

kobesub_3000_kiyomori

神戸市営地下鉄 3000系「平清盛」

神戸市営地下鉄 3000系「平清盛」

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ペーパークラフト作成にオススメの道具


ペパクラを作る上での基本4点セットです。あとはカッター用定規があれば良いかもしれませんが、鉄製定規だと切り線が見えにくくなるので私は廃材のガラス板(水槽用のガラス蓋)を使っています。

用紙はこちらがオススメ。コピー用紙だと強度が弱すぎる、ヨレヨレになってしまう、色が薄くなるといった欠点があります。 コクヨの0.22mmは厚めでガッシリ作れます。お子さんに渡すにはこちらのほうが良いかも。0.102mm用紙は強度は低くなりますが薄くてコシがあるのでシャープに作れます。細かい部品が多い場合はこちらがオススメです。

お願い 
上記アマゾンのリンクを辿ってなにか購入していただくと売上の1~3%ほどが収益となります。サーバー費用のカンパとしてご協力いただければ嬉しいです。

シェアする

フォローする