【工作室】リーコンを10分でロングバレル改造

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

リーコンと言えば組み換え自由に遊べるブラスターとして人気なのですが、一方でロングバレルと呼ばれるパーツがないのが不満でした。ロングストライクのバレルも有りますけども、色が違いますので違和感があります。

考える事は皆さん一緒なのか、「無いなら作ればいい」ということでロングバレル化改造を行っている人が多くいらっしゃいます。今回は先人の知恵に頼って、できるだけ簡単に行ってみました。こちらの動画をご覧ください。


動画タイトル通り、「簡単・素早くロングバレル化」できますでしょうか。
さっそくやってみたいと思います。

まずは分解

まずはバレル部品を分解します。ネジをいくつか外すだけで簡単に分解できます。フロントサイトのネジは外さなくてもOKです。

分解時に強く引っかかるようなら、ネジが残ってないか確認してください。
バネが二か所あるので飛ばさないように!(優しく開けば、まず飛びません)

真ん中のオレンジのパイプがロングバレルの材料になります。ハマってるだけなので手で取り出せます。

パイプを外したら組み立て

パイプを外したら元に戻していきます。写真右側のオレンジの銃口部パーツはゆるく止めるだけにします。

バレルだけ抜いた状態になります。

オレンジパイプを刺してネジ止めすれば完成!

もうお察しの通り、オレンジのパイプを銃口部に刺すことでロングバレル化することができます。ただパーツのサイズの関係できっちりとネジ止めできるわけではありません。

オレンジの銃口部パーツの間に隙間があります。気になる方はパイプの大きさだけヤスリなどで銃口部を削ってみるといいかもしれませんね。私は後で元に戻すことを考えてそのままで。

雰囲気がガラッと変わります

ただ単にパイプが伸びただけなんですが、こんなにも雰囲気が変わるんですね。フラッシュハイダーなんかあれば更に格好良くなるかもしれません。

ビフォアー・アフター的な。

ちなみにこちらの動画にあるように、パイプを取り外さずに横にずらすだけでも「少しだけ銃身を出す」ようにできます。長々と銃身出るのは嫌だ!という人はこちらの方がいいかもしれませんね。

肝心の実射性能は?

ダーツの発射も問題なくできており、個人的には飛距離・精度ともにそれほど変わらない気がしました。ただし銃身パーツが途切れていることから、ダーツが噛んだ場合には中で引っかかることがあります。

気に入らなければ簡単に戻せますし、なによりも安値で売られているリーコンを使って組み換えバリエーションが増やせるのはとても嬉しいところです^^

結論:作業時間10分、元に戻せる改造なので是非!

スポンサードリンク



シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    これはリタリエイターにも対応しますか?