【工作室】アキュストライク用高精度ダーツを作ってみる その1

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

ダーツを回転させることで安定性を高め、ひいては精度を上昇せると言われているアキュストライク用ダーツ。弾頭部が独特の形状をしており、これによりダーツ自体に空力的な回転力を与えるのだとか。

darts

ハズブロの開発チームが2年かけて研究した成果ともいわれていますが、果たして素人が真似して再現できるものなんでしょうか?

とりあえず形状を真似てみる

空気をとらえて回転させればいいんでしょ?というわけで弾頭部に溝を掘ってみることにしました。

使用したのは純正ダーツではなく、中華ナーフに付属していた互換ダーツです。中身が詰まっているので加工しやすいですから。

cimg0171

空気の通り道となる溝をマジックで書いたらリューターで掘っていきます。柔らかい素材なので簡単に削れます。

cimg0179

実射テストしてみた

出来たら早速実射です。

480fpsの高速撮影にて。ダーツの回転が分かりやすいように黒マジックで半分塗りつぶしています。さて、結果はどうでしたでしょうか?

距離3mほどで辛うじて1回転したぐらい。空気抵抗が増したのか飛距離は明らかに低下。というか落ちすぎて狙うどころではない話に。どうみても失敗ですね。

もっと弾頭を軽くして空気溝を増やして、さらにバネレートを上げればもしくは…と思いますが今回はここまで。次回への課題ですね。

スポンサードリンク



シェアする