【レビュー】Nストライク レイダー ~重量級マガジン、連射機構を備える重火力ブラスター~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2009年に登場した当時、史上最多弾数だった高火力ブラスターです。装弾数は実に35発。スラムファイアと呼ばれる連射機能搭載。巨大なドラムマガジンを搭載する姿は迫力満点です。

dsc09981

残念ながらこのすぐ後にヘルファイア、数年後にリノファイアが出たことで最多弾数という座を明け渡してしまいますが、スラムファイア(連射機構)を備えていたり、後述するようにストック、マガジンともに有用なために今でも非常に需要の高いナーフです。

外見はギャングの持つトミーガン?

dsc09980

細身の本体に大きなドラムマガジン型クリップという出で立ちは、まるでギャングの持つトミーガンのようでもあります。フォアグリップもありますのでデザイン的には意識しているんじゃないかと勝手に思っています。

大型ストックとフォアグリップがあるために構えやすい良いデザインです…重量級ドラムマガジンがなければ、ですが。

重量級ドラムマガジン

ドラムマガジンはナーフの中でも最大容量の35発。それだけ巨大で重たくなるのは当然です。重量で言えば単体で約330グラムもありますから…

dsc09990

またブラスターの左側に取り付けられるために重量バランスが大きく偏ることになります。手にした感じでは実際の重量よりも重たく感じられます。大きく左に負担がかかりますが、左腕にマガジンが載せられるので右利きの人はまだ楽です。逆に左利きの人はかなり辛いかもしれませんね。

dsc09983

ちなみに非常に長いアクセサリレールを持つこともレイダーの特徴です。スコープだけでなくシールドやライト類も一緒に取り付けできます。

ここまで多数の弾を装填できるということは弾詰まりの頻度も高くなるということですし、手の届かないような奥の方で詰まった場合は非常に面倒なことになります。このドラムマガジンはそういう事態を想定してリセット用のダイヤルが裏面についています。ここを軽く押しながら揺すったりすることで詰まりを緩和させるこつができるんです。

dsc09987

BB弾マガジンのような巻き上げ用ゼンマイのツマミではなく、あくまで詰まり解消のためのもの。無理に回転させると破損しますので注意してくださいね。


ダーツは上から順番に押し込むように装填していきます。35発ものダーツを準備するのはなかなか大変です。ダーツは出来るだけ中心に、左右の壁に当たらないようにしましょう。そうしないと詰まりやすくなります。

dsc09988

ナーフ唯一の伸縮ストック

レイダーに取り付けられているすストックは伸縮可能なものとなっており、取り外せるアクセサリの中では唯一のものとなっています。スーパーソーカーなどでも伸縮ストックがありますが、全てレイダー付属のもののカラーバリエーションとなっています。

dsc09984

伸ばすと結構な長さに。

dsc09985

色合い的にNストライクエリートに合いますから汎用性はとても高いのではないでしょうか。

総評:アクセサリは非常に有用。ナーフカスタマイズのお供に。

レイダーはその発射機構の関係で威力や精度がイマイチとされており、お世辞にも性能は喜べたものではありません。後継のランページでは内部機構が大きく改修されていることからも当時としても不評だったのではないかと思われます。

ただ一方でドラムマガジンやストックなど有効なアクセサリが付属していることから市場での需要が高く、不名誉なことかもしれませんが本体だけランページに変えるようなカスタマイズ?もよく行われています。

最初のナーフとして購入することはあまりオススメ出来ませんけれど、すでにいくつか持っている状態で買い足すのであれば是非とも買っていただきたいブラスターです。

対応ダーツ・アクセサリ

※ロングバレル、バイポッド、プロキシミティバレルは使用できません
※フォアグリップはアンダーレールがないために上面取り付けになります

スポンサードリンク



シェアする