【レビュー】Nストライク マーベリック ~ナーフのリボルバーの原点であり頂点~

シェアする

言語切り替え

リロードに時間がかかり、装弾数も少ないという大きな弱点があるリボルバー。
すでに旧式銃とみられがちですが日本の警察では標準配備されていますし、銃所持が可能な国ではまだまだ多く出回っている模様。また構造が簡単なので信頼性が高い、頑丈に出来るので大口径化しやすいというメリットを生かして趣味用途としての人気も衰えていません。

ゲームやアニメでは特にその個性から主人公の愛銃と描かれることが多いですよね。
S&W M19(ルパン三世 次元)とかコルトパイソン(シティハンター)とかシングルアクションアーミー(メタルギアシリーズ リボルバー・オセロット)とか。
誰もが強烈な個性を持つキャラクターとして有名です。

ナーフでもこの「リボルバー拳銃」というジャンルは一種の独特な個性を放つブラスターがそろっており、そんなブラスターの原点ともいえるのがこのマーベリックになります。

Nストライク マーベリック

発売年:2004年
全長:28cm 重量:–

古い製品ですので同時期の旧ダーツ類(薄オレンジ色のダーツやマジックテープ弾など)にも対応しています。

外観:整った姿の黄色いリボルバー

見た目は本当にオーソドックスなリボルバーです。シリンダーは黒にオレンジ。本体の黄色と合わさってかなり格好いい配色ですね。

整ったスタイリングから塗装や改造の素体に使われることも多く、例えば黒一色で塗っただけでもサマになるほど。

Nストライクのエンブレムが格好いいですね。ちなみに2011年以降は飛距離の違いで上位のNストライクエリートというシリーズが新設されております。

サイズは約28cm。実銃で言えばデザートイーグル(27cm)に相当する大きさと考えると結構巨大です。もちろんプラスチック製なので子供でも片手で軽々と持てます。

とはいえ発射のためのバネやトリガー機構、シリンダーを回転させるギア類などのパーツがぎっしりと詰まっており、持ってみると玩具ならではの「軽さ」とは無縁であることが分かります。

使い勝手:基本設計は良いものの・・・

グリップのホールド感はなかなかのもの。シボ(滑り止めの突起)もあるのでグローブをしていても扱いやすいのがいいですね。一方でこの突起が痛いという人もいますけれども。

大人でもちょうど良くホールドできるグリップの大きさです。シリンダーの飛び出す方向の関係で左手持ちだと少し扱いにくいかも。

持ちやすいサイズにも関わらず装填数は6発もあり、しかも不発や弾詰まりが比較的少ないということもあってナーフ戦では頼りになる相棒として活躍できます。

そうそう、塗装の関係でグリップ下部が禿げやすいという弱点があります。

リロードはシリンダーをスイングアウトして行います。

が、これは玩具として仕方ない部分があるのですが、シリンダーの出る角度が非常に少ないのでリロードしにくいんですよね。2本入れては手でシリンダーを回転させて、再び入れて・・・を繰り返さないといけません。リボルバー拳銃に良くあるようなフルオープンにして一気にリロードが出来ないのが悲しいところですね。

なお、簡単な改造(ただしパーツを削るので原状復帰は不可)でより大きくオープンするようになります。

コッキングはスライドを引くタイプ。アクセサリを取り付けるレールが有りますが、何か取り付けるとコッキングしにくくなるので難しいところ。

dsc01164

特に大きなモノを付けると非常に扱いにくくなってしまいます。せめてバレル上にもレールがあったらなぁ、と思います。

スペックなど

古いナーフであること、そしてスプリングが弱りやすい事からもノーマルでの性能はかなり控えめ。スプリング交換を行う改造が比較的に良く行われるそうですが、ピストン部分が割れやすいのであまり強いバネは避けたほうが無難です。

初速 12.3 m/s

安定性や精度は今の水準で考えると決して良くはありません。シリンダーの装填穴によってクセが違うようで、とんでもない弾道で飛んでしまうこともしばしば。

重量の重い旧ダーツを使うと体感的にですが若干、弾道が安定するようです。ただしその場合は飛距離が大幅に犠牲となります。

入手方法:廃盤なので中古市場で

すでに廃盤になって久しいので中古市場で捜さねばなりません。内部機構が破損しやすいので、出来ればネットではなくい自分の目で見れるリサイクルショップで見つけたいものですけれども・・・。

幸いにも数が多く、またそこまで人気が高いわけでもないので結構手ごろな値段で流通しています。多少の状態、不調を気にされないのでしたらメルカリやヤフオクで待っていると案外と安く手に入ります。

総評:古いからこその味のあるナーフ

今のナーフで標準的な早撃ち機能もありません。また構造上、どうしても耐久力が低いので雑な扱いをするとすぐに壊れたり不調になってしまいます。どちらかと言えば対人戦でガシガシ撃つよりも、今はファストドロウのようなシューティング競技に向くナーフなのかもしれませんね。

後継機とも言われるストロングアームとの並び。様々な面で上位互換に当たるストロングアームが出た後でもマーベリックの人気は衰えませんでした。

それは何故か。

持つ人を虜にする、強烈な個性を感じさせるリボルバーナーフだからだと思っています。

Nストライクシリーズの初期に発売されたモデルであることと、後年のナーフに多大な影響を与えたことからある種の原点とも言うべきブラスターです。

※延長バレルは使用できません。
※グリップは上面取り付けになります

スポンサードリンク



シェアする

コメント

  1. ムチムチ より:

    よくわかったよーーー