【レビュー】Nストライク ファイアフライ~近未来SFチックなハイパワーブラスター~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2005年というNストライク初期に発売された発光式のナーフがこのファイアフライです。実銃にはない独特なデザインをしており、その姿は近未来SFに出てきそうです。

dsc01298

かなり大柄な本体

dsc01297

見た目はハンドガンっぽいイメージなのですが、実際に持ってみるとかなり大柄であることが分かります。重量も有り、脇に抱え込んでホールドするような感じになります。

dsc01299

今と違って塗装箇所も多く、かなり豪華な印象を受けます。メインスイッチはストロボの充電用。インジケータLEDがありますが、案外と切り忘れることが多いので要注意です。

シリンダーはストロボ内蔵

dsc01305

ストロボ光を夜光ダーツに当てるため、シリンダーは透明なパーツになっています。

dsc01311

シリンダー部にはストロボバルブが内蔵されており、トリガーを引くごとに発光します。これにより夜光ダーツを光らせることが可能となっています。暗い場所ではマズルフラッシュみたいに見えますので雰囲気はバッチリ。

ただし一つ欠点がありまして、自身の発光が強いために夜光ダーツが全く目立たないんです。ダーツの発光量が控えめなこともあって曳光弾のように輝く飛跡が見えるわけではありません。

また充電により発光させるため、連射すると発光しないことが多々あります。

コッキングは上部スライドで

dsc01303

コッキングは上部のオレンジ色のスライドを引くタイプ。前部にはアクセサリレールがあります。小脇に抱え込んだ状態でコッキングを行いますのでやや窮屈かもしれません。

ダーツホルダーは使えない。残念

dsc01301

ストック部分にはダーツホルダがありますが、旧ダーツ仕様のために現行のエリートダーツでは滑り落ちてしまいます。

dsc01302

Nストライク以降で初となる本格的な夜光ブラスターであると同時に現行のエリートモデルに匹敵する飛距離を持つハイパワーブラスターでもあります。メインの発光はあくまでもオマケ止まりなのが残念ですが…

案外とレアなナーフなんですが、好き嫌いの別れるデザインのためか中古価格はかなり控えめ、5000円位から入手可能です。

スポンサードリンク



シェアする