【レビュー】エックスショット バグアタック ラピッドファイア~リロードしやすいコンパクトリボルバー~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2016年にコストコで販売されていたのがこのXshotのバグアタックシリーズです。バグアタックシリーズはその名の通りに侵略?侵入?するバグを倒すというコンセプトで、海外では多くの種類のブラスターが登場しているようです。

ラピッドファイアはショットガンのエリミネーターとセット販売されているリボルバーです。

意外とコンパクトなリボルバーでして、手で持った時のホールド感はなかなか。

こちらも水色のバグの体液がベットリと付いています。グリップが木目調のブラウンカラーなのが凝っていますね。

最大の特徴…リロードしやすい全面オープン型シリンダー

装填数は6発。前込め式ですのでナーフの弾が無改造でそのまま使用可能です。他は何てことはないリボルバーですが、実は大きな強みが有ります。

そう、全面がフルオープン型なんです。本来はシリンダーを支えるアームがあるんですが、ラピッドファイアには無いんですね。

この構造の最大の利点、それはリロードがしやすいこと。対人戦などでは落ち着いてリロードできる場面だけでありません。素早く装填しなければならないシチュエーションが多々あります。そういった場合にこのように障害物がない構造は非常に有利となるのではないでしょうか。

しかも初速は平均18.54m/sと国内ナーフよりも高い値となっています。

惜しむらくはレバー式…

このように非常にいいブラスターなんですが、1個だけ残念な点が有ります。それがこのレバーコッキング。

レバーコッキングは片手で銃を、もう片手でレバーを引かねばなりません。つまり2丁拳銃や両手装備できない事になります。デスペラードごっこが出来ない…

※2丁を紐で繋げば可能となります。ただし非常に格好悪くなります

長所もあるけど短所もある、ナーフに負けず劣らず楽しいリボルバーです。アマゾンで3000円くらい(2017/3/14時点)。

コストコでスポット的に販売されただけですので再販については一切不明です。

スポンサードリンク



シェアする