【レビュー】ナーフ エキスパンド・ブラスター ~大容量シリンダーを備えるロングレンジライフル~

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

変形するナーフといえばいくつかあります。有名なのはデプロイでしょうか。懐中電灯モードとブラスターモードの2つに切り替えて遊ぶことが出来ました。

でもそのデプロイよりずっと前、1998年に別の変形ブラスターがあったことはそう知られていません。そのマイナーすぎるブラスターこそがこのハイパーサイト・エキスパンドブラスターです。

エキスパンド、拡張や伸長という名前の通りに伸び縮みする変形ブラスターとして1998年に登場しました。

この姿を見る限りは普通のハンドガン型のナーフのようですね。ちなみにスコープは取り外し不可。

でも変形するとこの通り。ストックパーツが紛失してありませんが、ご覧のようにライフル形状に変形することができます。

ハンドガンモードとライフルモードの2種類あり、その切替はハンドガード部で操作するだけで可能となっています。

スコープ内はレンズではなくプラ板。でも透明度が高く現行のナーフよりも見やすいかもしれません。接眼部はラバー付で当たっても痛くないという配慮も。

レティクルを浮かび上がらせるための採光窓も。ちょっとした工夫ですが嬉しいポイントですね。

対応ダーツは旧メガダーツ。現行ダーツを使うには何かパイプを使った変換アダプターを用意せねばなりません。

規格外シリンダーを搭載するロングレンジライフル

修理のために分解してビックリ。シリンダーが半端なく大きいんです。

大きいダーツを遠くまで飛ばすためだと思うのですが、バネの強さと含めて現在の基準では威力がオーバーしそうなくらい。

これはレストアすればきっと面白くなる…と思いきや、実は大きな問題が一つ。

プラが劣化して非常に割れやすくなっているんです。素材の関係か、前オーナーの保管の仕方がマズかったのか分かりませんが…弾力性がほとんどなくなっていますのでちょっとした力で「パキッ」と割れたりヒビが入ってしまいます。

さすがに素材の復旧は個人レベルでは無理ですので…残念ですがこれはこのまま。もちろん発射できるようにだけしてレストア終了となりました。

プラ素材が今のナーフとはまた違うようで、かなり硬質です。買われる場合は劣化していないかご確認を。

スポンサードリンク



シェアする