【レビュー】Nフォース クロウハチェット~手に馴染む超軽量斧~

シェアする

言語切り替え

ナーフの格闘武器シリーズ「Nフォース」のラインナップが賑やかだった時代、2010年に登場した手斧がこのハチェットです。

長さは約30cmと手に持った感じはやや小さめ。実物のハチェットは投げつけて敵を攻撃することも可能だったそう。日本ではむしろトマホークのほうが馴染みが深いかもしれませんね。

一応、「Dont poke and swing(叩いてはいけない)」と警告が書かれております。明確に「投げるな」とは書かれていないのが面白いところ。

投げられることを考慮してか、ナーフ・ハチェットは非常に軽量に作られているのが特徴です。およそ63g。

刃はもちろんスポンジ製。軸部分も細いプラ棒にスポンジを巻いた構造になっています。なお、この芯棒が出た場合は危険ですので使ってはいけません。こちらはきっちりと警告として書かれています。

鉤爪状の構造は敵の武器を引っ掛けることができるように。これは史実でも取り入れられていたものだそうです。

あくまでもスポンジ斧であり、ダーツが発射されるといったギミックは全くありません。価格的には新品で買おうとすれば1本数千円という実物の斧が買えそうなくらいの高額武器となっています。しかも軽量スポンジとはいえやはり危ないものですので、対人戦では原則として使用禁止とされているようです。

余談ですが、メッシュを使った陳列型収納をしている場合はナーフと一緒に飾ると非常に格好良くなります。オススメです。

並行輸入品はかなり高くなります。

米アマゾンでは送料込みで2本で60ドルほど(2017/5/5時点)。こちらのほうがオススメです。

<<対応ダーツ・アクセサリ>>

ありません

スポンサードリンク



シェアする