【レビュー】ホワイトアウト マーベリック ~ナーフファン垂涎の的、ホワイトアウトの一角~

シェアする

言語切り替え

2011年に登場したホワイトアウトシリーズのリボルバーがこのマーベリック・ホワイトアウトです。Nストライク初期に出た人気モデルのバリエーション、そして限定モデルとしての登場でした。その塗装から根強い人気を誇っており、多くのナーフファンを魅了しています。

ホワイトアウト版は両面とも塗装されています。

雰囲気は大違い

ホワイトアウトシリーズならではのオレンジ色のサークルが目を引きます。この模様はシリーズ特有のものであり、4種しか存在しない特別な塗装です。

パッと見た感じではマーベリックというよりストロングアームのような感じ。

スライド部は成型色違いで2色構成。ただそれだけのことなんですが雰囲気が変わりますので嬉しい部分ですね。

アセサリレールがコッキングスライド上にありますので、大きなアクセサリを付けると扱いにくくなるという弱点もそのままです。せめてバレル上にもレールがあったらなぁ、と思います。

前からのアングルが格好いい

リタリエイターやモジュラスといった白いブラスターは多々あれど、ハンドガンタイプで白色は案外と少なかったりします。特にホワイトアウトシリーズの登場時は皆無と言えました。

そんな中で登場したホワイトアウト・マーベリックはナーフファンの心をがっちり掴んで離さなかったのではないでしょうか。凝った塗装もあってそのままで十分にサマになるほどの迫力があるブラスターに仕上がっています。

ただ実射性能自体はノーマル・マーベリックと同じ、機構上のリニューアルはされていないようで初速は16.18m/sと標準的なレベルに収まっています。

コッキング時の破損しやすさも受け継いでいるようで、激しく連射するような使い方をするとパーツが削れたりして破損してしまうとのこと。

すでに絶版品ですのでホワイトアウトシリーズの中では流通量が多いのか、意外と安値でネットオークション等に出てくることがあります。アンテナを張っておくと案外と引っかかるかもしれませんね。

対応ダーツ・アクセサリ

※ストックパーツ、延長バレル、バイポッドは取り付け出来ません。

スポンサードリンク



シェアする