【レビュー】ゾンビストライク フリップフューリー ~シリンダー2個で装弾数2倍ブラスター~

シェアする

言語切り替え

リボルバー拳銃の装弾数を増やすにはどうすればいいか。シリンダーの数を増やせばいいじゃないか。

…という極めて単純明快な答えに行き着いたハンドガン・ブラスターが2015年登場のフリップフューリーになります。

6発装填のシリンダーを上下2つ連ねた形状をしており、単純に装弾数は2倍となっています。ちなみに更に上位互換としてシリンダー4本のドゥミネーターなんかもありまして、ゾンビストライクの火力重視傾向はとどまることを知りません。

シリンダー交換は非常に簡単で、入れ替え用トリガーを引くことで自動的に”ひっくり返す”ことができます。実銃でもシリンダーを交換可能にして素早い再装填を可能としたモデルが存在したようですが、さすがに自動でひっくり返す構造を持つものは無いのではないでしょうか。

こんな感じに小気味よくパシャコン!パシャコン!と回転して入れ替え動作を行います。

グリップから前方につながるハンドガード?が大きく、まるで工具のような外見です。軟質プラ製ですので無理をしない限りは割れることは無さそうです。分解すれば容易に取り外し可能。

内部機構はストロングアームとほぼ同一だけあって、実射性能も折り紙つき。

難点としてはその装填のしにくさでしょうか。なにしろダーツを入れる隙間が結構細く、1本ずつ丁寧に差し込んでいかねばなりません。しかも下段のシリンダーに6発装填したら入れかえて再び装填…。”複数本のダーツを握った片手”で入れていくという作業が非常にやりにくく感じます。

ストロングアームやマーベリックの方がはるかに実戦向きですね。

あくまで面白いギミックブラスターとして

悪い部分、アラの目立ちますが、やはりゾンビストライクシリーズはこうでないと!というような不思議な魅力のあるブラスターに仕上がっています。不人気モデルだからか妙に安く販売されていることも多く、手に入れやすいこともオススメできる理由となっています。

いっそその大きなハンドガードを活かして鈍器として使ったほうが強いかもしれませんね(対ゾンビに限る)

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサードリンク



シェアする

コメント

  1. SIime より:

    くるっと回転してるのを止めて、入れるのが楽w