【レビュー】エックスショット リフォーマー ~エックスショット初の組み換え大型ブラスター~

エックスショット

2017年秋に登場したエックスショットシリーズの大型ブラスターの一つがこのリフォーマーになります。発売はZURU社、国内の取扱はバンダイ系列のCCPとなっています。

エックスショット リフォーマー

外観について

大きなパッケージにパーツいっぱい!

パッケージは横幅80cmとかなり巨大。店頭で買う場合は注意が必要ですね。

 

裏面はパーツの一覧と組み合わせパターンの例。パーツ数は本体を含めて11種類。ダーツホルダーとマガジンが2個ずつあります。

 

色々な組み合わせでサイズや取り回しが変化します。この辺はナーフのモジュラスと同じような思想なんでしょうね。

 

パッケージから取り出したところ。パーツが盛りだくさんで圧倒されます。これを好きなように組み合わせてお気に入りの一丁を仕立てていくわけですね。

 

パーツ盛りだくさん

付属パーツその1、ドットサイト風ミニスコープ。ライトなども内蔵していませんし視野も非常に狭いのであくまで見た目だけ。

コンパクトで邪魔にならないサイズなのが良いですね。ナーフでも欲しいパーツです。

 

付属パーツその2、スコープ。ナーフでお馴染みのプラスチック製の筒状パーツです。

レンズは無し。ダイヤル類もモールドだけですので動きません。

 

付属パーツその3。中継バレル。単独でも使用できますし、更に延長バレルを取り付けることも出来ます。両側面にはアクセサリレールも。

 

 

付属パーツその4、延長バレル。単独で本体に取り付ける、または上の中継パーツを使って接続します。こちらもレールが有りますので色々なものが取付可能です。

 

付属パーツその5,バイポッド。折りたたみ可能。外のパーツに比べてチープさが際立ちますので好みが分かれるところかも…。あくまで総プラスチック製ですので剛性感はあまりありませんが、ブラスター本体が軽いので問題はありません。

 

付属パーツその6、グリップハンドル。レールへの取り付けではなくネジ込式となっています。レール式にしてブラスター側面に取り付けたりできればよかったんですが…。

 

付属パーツその7、ストック。アクセサリ用レール(水色の部分)やマガジンホルダー(左側三角形の部分に差し込み)、ダーツホルダー(中央の3つの穴)があったりと機能は盛りだくさん。残念ながらナーフには流用できません。

接続部がガッシリしていますので嫌なグラつきは皆無です。おかげで取り外しがやや固いですけれども。

 

付属パーツその8、その9のダーツホルダー。2個付属しています。レールタイプですので好きな場所へ取り付けられるのがありがたいですね。

ナーフのダーツも使用可能です。ちなみにこのリフォーマーはナーフのダーツを使用可能です。

 

付属パーツその9、その10の10連マガジン。2個付属。クリアブルーのきれいなパーツです。いわゆるハーモニカマガジンというもので、撃つたびに横へズレていくという構造となっています。手で戻すことが出来るので継ぎ足し装填も出来ます。

 

組み合わせ例はいっぱい

このセットだけでもいろいろな組み合わせができるわけです。

色々組み合わせて延長バレルとストックだけの組み合わせが一番好みだと思いました。赤とダークグレー、白を基調としたカラーリングが格好いいですね。

最大長は90cm。ナーフで言えばラプターストライクですとかロングストライクのような狙撃ライフルに匹敵するサイズです。迫力満点。でも軽量ですので子供でも扱いやすいのがいいところ。

 

 

使い勝手

ナーフの球が使用可能

リフォーマーはエックスショット純正弾だけでなくナーフのダーツがそのまま使えます。写真はエリートダーツ。発射も問題なし。弾が共用できるということで安価なナーフ弾が使える、ソフトダーツガン戦ではナーフと混ぜて同じフィールドで遊べるという点が嬉しいところですね。

 

惜しいことに専用規格

バリエーション豊かなパーツが盛り沢山なリフォーマーなんですが、実は惜しいことにほぼ全てが専用規格品のために他のブラスターとの組み換えは出来ません。

例えばバレルの接続部はナーフとは異なるサイズ、形状。この中央の突起を削ったとしても合いません。

 

ストックの接続部もナーフとは全く異なっています。サイズ自体が違いますのでナーフのストックを使おうとするなら自作の変換アダプターを用意しなければなりません。

 

スコープ等のアクセサリ類も微妙にサイズが違うのでナーフには入りません。

 

下部のツメ部分を削れば何とか入りそうですが…。

ちなみにエックスショットシリー同士でも流用は不可。この辺だけは本当に残念な部分です。

 

逆にナーフのアクセサリは取付可能です。やや緩かったりしますが。

 

スペックなど

平均初速:16.9m/s 水平飛距離:12mぐらい?



エックスショットダーツ / エリートダーツ
/ サクションダーツ / アキュストライクダーツ

エックスショット純正ダーツだけでなくナーフのダーツも使用可能です。一部、部品と若干干渉することがあります。

パッケージ表記の飛距離は24m。初速は計測値で16.9m/s。数字的には海外版の威力の強いナーフと同じくらいの弾速が出ています。

入手方法

2018年11月時点では販売終了品のためネットショップではほぼどこも完売、在庫切れです。一部の家電量販手店では店頭販売されているとの噂もありますが…。

総評

 

迫力あるサイズで連射も可能なポンプアクション、飛距離は海外ナーフ並と非常にいいブラスターなのですが、各パーツが専用規格(というかエックスショットでは組み換えは初)のために流用できるパーツに限りがあるのが大きな弱点となっています。

もちろん、今後は規格対応品が増えていく可能性があります。エックスショットシリーズの拡充に目が離せませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました