【レビュー】ライバル クロノス ~ちょうどいい!?ライバル初のハンドガン・ブラスター~

シェアする

今までのナーフとは一段階ほど威力が高められた「ライバル」と呼ばれるシリーズがあります。対象年齢14歳以上。使用するのは通常のナーフダーツではなく弾力のあるスポンジボール。これを100f/s(30m/s)もの初速で撃ち出します。ちなみに18歳以上用のエアガンが80~90m/sくらい、10歳以上用エアガンが25~35m/sくらいとされていますので単純に比較すればライバル=10歳以上用エアガンくらいの速度ということになります。

そのライバルシリーズの中で初となるハンドガンがこのクロノスになります。今まで大型のブラスターばかりだったのでこのサイズはありがたいですよね。

なお、同じクロノスとしてデッドプールとコラボした赤い特別版、そして今回購入した白のファントムコープ版(通常版)の2種類があります。本体色は白ですが、付属のフラッグを取り付けることで従来のように赤青のチーム分けも可能です。

見た目はオートマチック式ハンドガンそのものです。側面の顔のようなロゴは「ファントム・コープ」シリーズのもの。

反対側面は真っ白。こっちにもロゴは欲しかったですね。

ハンドガンとは言えナーフらしい大きさ。ストロングアームマグナスと同じくらいといえば分かりやすいでしょうか。実銃(エアガン)で言えばデザートイーグルより大柄かも。ただし軽量なのとグリップ形状が秀逸なので手にフィットする感じが良いですね。長時間のゲームでも疲れにくそうです。

コッキングはスライドを後ろに引くことで行います。ストロングアームとかディスラプターと同じような操作感ですね。ただし引きの硬さは段違いですが。手を引っ掛かけるような場所も無いので握力も必要です。小学校低学年の息子は最後までコッキングすることは出来ませんでした。

装填はこちらから。

コッキングして蓋を開けてボールを押し込み(5発まで)蓋を締めてスライドを戻す…という手順が必要です。

蓋は地味に邪魔です。開けておいても閉めておいても発射できるので発射機構に関係しない単独パーツなのかも。いっそ分解して取ってしまうという手も。

ライバルシリーズは威力が強いということもあってセフティーレバー付きです。ロックしておくとトリガーが引けません。使用しない時はコッキングの有無にかかわらずロックする癖をつけておきましょう。

ナーフ・ライバル規格のアクセサリレールあり。通常のナーフ用アクセサリも一部取り付け出来るようです。

初速は21~23m/sとライバルシリーズとしては低め。銃身内部にホップアップ(弾丸に回転を与えて浮かび上がらせるシステム)のための樹脂製の出っ張りがありまして、そこで大幅にロスしているのかもしれません。

参考:東京マルイ エアソフトガンってなに?

ただ一方で弾道は素直で、伸びのある球筋でスーッと真っすぐ飛んでいきます。恐らくはある程度の距離でストンと落ちるんだとは思いますが8~9mくらいの距離では気にならないくらいです。

ライバルシリーズの中でも屋内での射撃でも比較的に扱いやすいサイズ、威力、そして動作音です。初ライバルブラスターとしてオススメです。

スポンサードリンク



シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    ライバルシリーズでオススメってありますか?
    良かったら教えてください。

    • KDWK より:

      ライバルは一部しか触ったことがないのですが、やはりクロノスが手ごろで一番楽しいかなと思います。
      威力が低いので室内でも遊べますし、あと動作音が小さいというメリットもあります。

  2. 匿名 より:

    ご回答有り難うございました。