【レビュー】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー クアッドブラスター~まさにエレメント・ガン!変形機能付きのナーフ~

シェアする

言語切り替え

2014年に公開されたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとのコラボレーションとして販売されたナーフがこのクアッドブラスターになります。エレメント・ガンそのものですね。スターロードの持つこの銃は度々モデル化されているのですが、この2014年モデルが最もオリジナルに近いデザインとなっています。

後述しますが4つの銃身があり、また変形ギミックがあるなど非常に豪華な仕様となっております。

こちらは傷ではなく汚し塗装。プラスチック素材ですがこうやって塗装が工夫されていると歴戦の武器のように見えてきます。嬉しい所ですね。

汚し塗装はこちらにも。あくまでアクセントですのでうるさ過ぎず…ちょうどいい具合。

全長28cm。大人が持っても小さすぎないサイズです。

重さ430g。機関部が2つありますので意外と重たいですね。

クアッドブラスターの意味

上が発射トリガー。下はというと…

そう、フロントカバーの展開トリガーなんです。スプリング内臓でパシャッ!という感じで素早く開いてくれます。

4銃身があらわに。カバーを開きませんと3発目、4発目が発射されません。

開いたカバーは手で閉じる必要があります。

上下2つのブラスターを接続した構造になっておりまして、コッキングも個別に行う必要があるのがやや面倒です。なお、片方だけでも発射可能。

キビキビした動作が最高です

卓上ですが動作を撮影してみました。

仮面ライダー玩具を触ったときのようなキビキビした動作が魅力ですね。

コラボ系ナーフの常として威力はかなり低いです。パッケージ上の飛距離は25m(7.5m)と控えめ。スプリングが弱いので弾頭の重たい旧吸盤ダーツはまともに撃てないことも多い模様。

一方でその威力の弱さから安全性や、そもそもコッキングの軽さというメリットもありますので、そういう点では扱いやすいので子供には最適なナーフでもあります。また貴重なマルチショット系ブラスターとして至近距離での打ち合いでもアドバンテージがあるかもしれません。

旧製品のため入手しづらいのが難点ですが、ナーフではなく映画関連グッズとして安く売られていることもあります。アンテナを張っておくと意外なところで見つかるかもしれませんね。

スポンサードリンク



シェアする

コメント

  1. O-kawa より:

    フロントカバー展開するのがなんか楽しいブラスターですよね。
    たまに展開だけしてニヤニヤしてたりしてます。

    • KDWK より:

      なんとなく手元に置いて変形させて遊びたくなる玩具ですよね。良く分かります。私もついついニヤニヤしてしまいます。予断ですが今年もスターロードのナーフが出るようですが、オリジナルとはほぼ別モノのデザインになってしまったので残念しきりです。