【工作室】ダイソーの「砲弾」を早速試してみた件

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

大口径砲……。

映画でもゲームでも大きな火力の一撃必殺として描かれることが多い一方、扱いが難しかったり発射間隔が長い、装弾数が少ないという弱点があったりする武器です。

ナーフでも大きな弾丸を発射するものはいくつか登場しておりまして、古いものではタイタン、最近だとトライストライクのメガランチャーが相当するものがあります。

オモチャでもやっぱり大口径、特にバズーカ砲というものは大変人気です。迫力満点ですしね。これは池田工業社の水風船バズーカ。私のサイトでも度々登場しています。

そろそろ暑くなってきまして、我が家の子供たちも水遊びをする時期になってきました。梅雨が明ければあっという間に本格的な夏到来ですね。水鉄砲に水...

他にも…

2011年に日本を含めた各国で販売された史上最強と言われた市販の水鉄砲です。おおよそ150~200mlの水の塊を10~11m先に吹き飛ばす威...

ナーフでもバズーカ砲といえばこのハイドロキャノンがあります。水大砲というものですが。

ただ玩具では本体側はしっかり作られていることが多いのですが、砲弾の方はボールだったりスポンジの塊だったりで砲弾形状をしているものが少なかったりします。安全上やコスト的な理由なのですがやはり少し寂しいところ。

実はこんなところに「砲弾」が

実は先日、ダイソーで砲弾が販売されているとの情報を見かけたんです。これならリアルな砲弾が再現できるかも?ということで早速購入しました。

これがそのブツになります。時節柄、ピンと来た人は多いのではないしょうか。

実はこれ、お墓で使われる花立てなんですね。

長さ違いで「小2本」と「大1本」が売られていました。私が購入したのはこちらの大1本の方。直径は同じもよう。

長さは42cm。

直径は約5.5cmくらい。材質としてはよくあるプラスチックという感じです。塗装の乗りは悪そう。

こうやって立てると砲弾そのものですよね。もしくはICBMみたいな雰囲気も。ジオラマでも使えるかも?

ツイッター上では戦車砲弾みたいと言われておりました。

重さは56g。

いざ発射

※良い子は真似しないでください

砲弾ですからやはり撃ち出さなければ・・・というわけで冒頭に登場した池田工業社さんの水風船バズーカの出番になります。水風船を発射するオモチャなんですが、その万能的な構造から遊びの幅は無限大です。

もちろんメーカーが推奨する遊びではなく、水風船以外の発射は警告されていますので自己責任の上でお願いいたします。

比較のため「発射して遊べる砲弾」のしてナーフのタイタンミサイルがありますが、こちらは総スポンジ製な上に先頭部は非常に柔らかい中空スポンジで出来ています。

花立はもちろん硬い総プラスチック製。当たれば怪我する危険性があります。しつこいようですが実験的に安全を確保した上で発射させてくださいね。

では改めて発射

結構な反動とともに緑の砲弾が飛んでいきます。飛距離はおそらく5mくらい?と短いものの、カーテンをめくりあげるほどの威力、運動エネルギーを持っているのが良く分かります。これはさすがにゲームなどでは使えませんよね。

塗装してコスプレ用に

発射すると危ないシロモノですが形状としては非常に面白いといえます。あと1個当たり60gという非常に軽量であること、プラスチック製で加工しやすいことからも歩兵装備的に使えるのではないかな?と思ったりしています。

あと完全に見た目だけになりますがパイルバンカーなども作れそう。いろいろとアイデア次第で夢が広がります。

何より1個当たり100円。ためしに買ってみてはいかがでしょうか。

楽天でも販売されています。

スポンサードリンク



シェアする