【レビュー】Nストライクエリート サージファイア ~近距離弾幕型ドラムガン~

シェアする

非常に多くの種類があるナーフ。性能や使いやすさより見た目の格好良さを選択したもの、仕掛けを売りにしたもの、コストを徹底的に削減して低価格を実現したもの・・・。恐らく、このサージファイアはゲームに特化したものと言えるかもしれません。

2018年に登場したサージファイアは15連ドラム弾倉と速射性に優れたコッキング用グリップ。まさにダーツをばら撒くために生まれたような存在です。

Nストライクエリート サージファイア

発売年:2018
全長: 重量:

外観:連装式グレネードランチャー?

子供が言うにはどフォートナイトのグレネードランチャやドラムガンそっくり!だそうで。確かにフォルムとしてはリボルバーランチャーっぽいかも。

全然関係ないですがリボルバーランチャーってエアガンでモデル化されてたんですね。驚きです。

MGL140 グレネードランチャー (TAN)ほかホビー, エアガン・モデルガンが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。

ただし見た目に反して撃ち出すのはノーマルダーツで、さらに手動式になります。

ドラムは取り付けると外せません

開封後はこんな感じ。レンコンというかヒマワリの花みたいなシリンダー、ドラムが面白いですね。装填数は15発。

本体側にはドラムを支える突起が。硬いバネが入っており、はめ込むとドラム側に噛み込んでしっかりとロックされます。と同時に取り外せなくなります。簡単に予備弾倉と交換できればいいのに、と思いましたが安定動作のためには仕方ないですね。

一応、本体側をバラせば取り外せるようです。

ドラムが大きいので収納はけっこう大変です。元箱には当然ながら戻せなくなります。

使い勝手

構造上どうしても重心が上になるのと、コッキングが意外と重い・・・というか粘るような固さがありますので長時間の使用はかなり疲れます。

ダーツは入れやすいように面取りされ、やや傾斜した台形状になっています。

隙間から順番に入れていくことになります。継ぎ足しながらの装填も可能。

一応、手でドラムを回転させることで15発フル装填できますが、これまた壊れそうな固さを感じることがあるのもマイナスかも。

連射力はさすが

サージファイアにはトリガーを引いたままコッキングすることで自動発射する「スラムファイア」という機能があります。何も考えずにガシャガシャッとコッキングするだけで弾幕をはれるため、多くのナーフに同様の機能が備わっています。

この速射機能を使うと装弾数は15発なんてあっという間に撃ち切ってしまいます。コッキング時のブレでいい感じにダーツが散らばり、まさに面制圧兵器という感じに。

「速射性能=ユーザーの腕の動かす速さ」ですので体力に自身がある人ほど高性能になります。なんだかゲームのレベルアップシステムみたいですね。

質問「サージファイア装備です。強くなるにはどうしたら良いですか」
回答「筋トレしてください」
…みたいな。

アクセサリ取り付けは1個だけ

銃身上だけにレールがあり、アクセサリをひとつだけ取付可能です。

例えばナーフ用スコープとか。位置的にもあまり使い勝手は良くないかも…。あと見た目のアンバランスさが…。


一番役立ちそうなのはこのドットサイトでしょうか。サッと構えてサッと撃てるのは大きな強みです。コッキング時に激しくブレるのであくまでも目安になりますが。

あと今回は試していませんがタクティカルライトやシールドも良いかもしれません。

スペックはまずまず

個体差なのかわかりませんが私のサージファイアは飛距離が短く感じます。パッケージには飛距離27mとありますが、同じ飛距離を謳っているエックスショットに比べると威力が低めと感じます。

初速 平均14.4 m/s

あと体感的に狙ったところよりも下に飛ぶ癖があります。これも個体差なのかもしれませんが撃つときには銃口をやや上向きにするという補正が必要でした。

入手方法

2018年の現行品ですので店頭、オンラインショップ問わず容易に入手できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフ エリート サージファイヤー
価格:3562円(税込、送料別) (2018/8/20時点)

海外でも販売されていますが性能面ではほぼ変わりがないと思われます。あえて高い並行輸入品を買う意義はないと思われます。

総評:対人特化の攻撃形ナーフ

性能や速射機能からみても近距離に肉薄して弾幕を張るような超攻撃的火器とも言えます。小脇に抱えて敵の攻撃をかいくぐり、近づいたところで全弾を叩き込む。まさに体力勝負。マッスルタイプなナーフなのではないでしょうか。

ただ使っていて気になったのはコッキングの粘るような重さです。ドラムを回転させる必要もあるためにコッキングが重たく感じることがります。そのため子供にはやや使いにくいかなと思いました。むしろ大人が装備して悪役に徹するのが一番最適なのかもしれませんね。

※延長バレルは使用できません。
※グリップは上面取り付けになります

スポンサードリンク



シェアする