【レビュー】Nストライク マーベリック・ギアアップ ~一段階?性能アップしたナーフ~

シェアする

より遠くまで、できれば敵よりも遠くから撃ちたい……。ナーフで遊んでいた人なら誰しも願うことではないしょうか。ただナーフは安全性やコストを重視したトイガンでありますので、初期のナーフはまともに狙って飛ぶ飛距離は5~8mくらいといったものでした。

そんな声を受けてか2011年。従来のNストライクシリーズを強化したシリーズがこのギアアップシリーズになります。いわゆる従来製品のリニューアル版という位置づけで、まずは4種類(リーコン、マーベリック、レイダー、バリケード)が販売されました。

Nストライク マーベリック・ギアアップ

こちらがそのうちの一つギアアップ・マーベリックになります。オレンジの警告色のようなストライプが最高に格好いいナーフですね。

余談ですがこのカラーリングは後にアキュストライクシリーズへ受け継がれました。

ナーフでは一般に「狙撃銃」というジャンルはロマン枠とされてきました。それもこれも実銃やエアガンのような高い工作精度・剛性で作られていないので...

反対側面にはストライプだけ。ロゴはありません。それでもこの威圧感。ただものではない雰囲気が感じられますよね。

またまた余談ですが、実は古い世代のナーフは右側面がロゴなどがある”表側”になっています。今のナーフとは逆なんです。

例えばこのストロングアーム。マーベリックの後継機とされるナーフです。

右側面にロゴ等の印刷があるのが分かりますでしょうか?

ナーフはパッケージでも右側面を表側にして梱包されております。マーベリックとは逆になっていますよね。なぜ切り替わったのが理由は不明ですが、少なくともNストライクエリートシリーズからは「右側面が表」で統一されるようになりました。

天面部にも塗装あり

天面部に黒いアクセントがあったりと手の込んだデザインです。フロントサイトが浮き上がっているようにみえる工夫なのかもしれません。

でも何よりも構えた時に一番目に付く部分でありますので、こういった一工夫が大変にうれしかったりします。

ノーマルとの比較

ギアアップ版とノーマル版の比較。こうして並べるとどちらも完成されたデザインであることが良くわかります。

色合いのためかノーマル版よりも引き締まって見えます。どちらもカラーリングやデザイン的には危険な香り?な雰囲気をひしひしと感じますね。

使い勝手:グリップのよさ、構えやすさは最高

なんといってもリボルバー型ナーフの最高傑作の一つでもありますので、撃ってよし構えてよし遊んで良しな万能ナーフです。

グリップのホールド感はなかなかのもの。シボ(滑り止めの突起)もあるのでグローブをしていても扱いやすいのがいいですね。一方でこの突起が痛いという人もいますけれども。

そうそう、リニューアル版といえどもマーベリックならではの弱点・・・内部機構のリニューアルはされていないようでシリンダーの出る角度もそのままだったりします。リボルバー拳銃に良くあるようなフルオープンにして一気にリロードが出来ないのが悲しいところですね。

入手方法:廃盤なので中古市場で

すでに廃盤になって久しいので中古市場で捜さねばなりませんが、ヤフオクやメルカリで時々見かけますので入手はそこまで難しくは無いのかも。価格的にもそれほど高額ではありません。

総評:アキュストライク登場で相対評価が上昇

リニューアル版といえども基本はマーベリック。性能面では最新ナーフほどは期待はできません。

しかしながらリボルバーとしてのバランスの良さ、デザインの優秀さといった魅力は今でも衰えておらず、人気ナーフの一つでもあります。

近年はギアアップと同じカラーリング、デザインのアキュストライクが登場したことからサブアーム的に携帯したいと需要が高まっているとか何とか。

見た目的にも非常に格好いいナーフです。もしお手頃な値段で見かけることができたら是非とも手にして欲しいと思います。

スペック:ギアアップは少しだけ?

ナーフ純正の弾速計で計測。本来はNGなんですが、銃口部に手持ちで計っています。当たっても安全なナーフならではの方法ですね。

初速:17~18m/s

ノーマル版に比べると初速が1~2m/sほどアップしているようです。



エリートダーツ / サクションダーツ / アキュストライクダーツ

純正弾速計は2019年3月に日本で発売開始。

https://amzn.to/2Nl7g83

ちなみにオイル塗布などメンテナンス後の数字になります。改造スプリング等は使用せず。以前はノーメンテで11~14m/sくらいしか出ておらず強化されていないと思っておりましたが…。真の実力はそんなものではなかったという事ですね。

入手方法

すでに絶版ですのでフリマアプリやリサイクルショップ等で中古品を探すしかありません。幸いにもそれほど高値のつかないナーフですので金銭的な入手難易度は低め。

総評

強化版・・・と言うわりには初速は結構低め。元々がスプリングがヘタりやすいと言われているマーベリックであること、さらに中古品であることを考えてもちょっと低いかなーと思います。

実はネット上でも「ギアアップ版って本当に強化されてるの?」という話題は良く上がっています。でもどうやらきちんとメンテナンスした上で比較すればきちんとした性能差が出たわけなんですね。そもそも8年前の玩具ですから劣化して当然といえば当然でした。

ちなみにマーベリックは「一匹狼」という意味がありますけれども、カラーリング違いで7種類ものファミリーが存在しています。

リロードに時間がかかり、装弾数も少ないという大きな弱点があるリボルバー。 すでに旧式銃とみられがちですが日本の警察では標準配備されています...
2000年くらいでしたか、中身を見せるようなクリア素材を多用した家電やパソコン、オモチャ、ファッション小物のブームが巻き起こりました。 ...
リロードに時間がかかり、装弾数も少ないという大きな弱点があるリボルバー。 すでに旧式銃とみられがちですが日本の警察では標準配備されています...
2011年に登場したホワイトアウトシリーズのリボルバーがこのマーベリック・ホワイトアウトです。Nストライク初期に出た人気モデルのバリエーショ...
2005年に登場したリボルバーがこのマーベリックです。 Nストライク初期に出たにも関わらず根強い人気を誇っており、様々なカラー...

あと所持していませんが透明グリーンのソニック・マーベリックもあります。

更に子供とも言える後継機としてストロングアームがありますが、こちらは3種類。

20182013年に販売されたストライクエリートシリーズの一つです。まるでマグナム弾を使うリボルバー式大型拳銃のようなデザインとなっており、...
2013年に販売されたストライクエリートシリーズの一つ、ストロングアーム。まるでマグナム弾を使うリボルバー式大型拳銃のようなデザインとなって...
海外ではすでに販売されていたトイザラス限定のソニックファイアシリーズ。2016年にようやく国内でも登場しました。 外装がクリアレッドの...

さらにさらに孫ともいえるストロングアームの後継機のディスラプターもあり…

本日発売のディスラプター。海外版ではなく国内版を購入しました。国内版とはいえ飛距離は21m(海外版は27m)。通常の国内版が15mでしたので...

意外とマーベリック家系は大家族だったりします。

※延長バレルは使用できません。
※グリップは上面取り付けになります

スポンサードリンク



シェアする