【新製品】ナーフ トリロジー用の予備カートリッジが別売に…シェルホルダも付属!

シェアする

カートリッジを使う排莢式ショットガンのナーフ、トリロジーDS15。

2019年も数多くのナーフが登場するわけですけれども、その中でも恐らく大注目されているブラスターの一つがこのトリロジーDS15ではないでしょ...

すでに海外では一部通販サイトで予約開始されておりますので、近いうちに各国アマゾン…もしかすると日本でも販売が開始されるのではないかな?と思われます。

エアガンでも排莢式、ライブカート式と呼ばれるトイガンは非常に高い人気を誇っています。ナーフではこのスレッジファイアが有名ですよね。排莢するようなギミックはありませんが、1発ずつ装填してはシェルカートリッジを入れ替える動作は”ショットガンらしさ”を感じられます。

ゾンビストライク スレッジファイア 2013年に発表されたゾンビストライクの中折式ショットガンがこのスレッジファイアです。従来、多...

こういった排莢式トイガンは非常に楽しいものである反面、カートリッジを紛失しやすい、そもそもカートリッジがないと遊べなくなる……といった大きな弱点があります。またガッツリと使い倒そうとすると予備カートリッジも多数必要になってきますので、結果として出費がかさんでしまうことも。

スレッジファイアについては純正としての別売はなかったようで、入手経路としてはサードパーティ製を買うしかありません。もしくは3Dプリンターで「印刷」してしまうことも。ただしどちらも価格として少し割高になってしまいます。

そんな声を反映してか、ついに呼びカートリッジが販売されることが判明しました。

シェル・アップグレードキット

ソース元はナーフ系インスタグラマーとして有名なnerfer_tw氏

どこよりも早く実物を入手できるすごい人です。今回も情報に感謝。

出展:nerfer_tw

いわゆるアクセサリーキット扱いになります。予備カートリッジが3つ。ダーツ9本、専用のダーツホルダーが1個。ある意味、「トリロジーのためだけ」のアクセサリキットになります。なんて贅沢なんでしょう。

出展:nerfer_tw

装着例。なんだかお団子が乗っかっているようで可愛い感じに……。給弾口が本体上、排莢ポートが右にある関係でここしか取り付けできないみたいですね。

そうそう、誰しも一瞬は考えることなのですが、このフォルダはスレッジファイアにも使えるのか?と。スレッジファイアはストック内にシェルを格納できるとは言え、予備シェルを格好良く収めるにはこういったシェルホルダーが必要になります。

NERF 2019新品-45

https://tieba.baidu.com/p/6137465157

…でも現実はそう甘くはないようで。比較写真をみていただければ分かるように大きさ(太さ)が全く違います。上がトリロジー用のシェル。下がスレッジファイア用になります。

細身であるスレッジファイアで使おうとするのであれば、シェルホルダー側にスポンジシールを貼る等、なにか工夫をしないと固定できなさそうです。

価格などは未定ですが、インスタグラム内のコメントによればすでに「アジアの玩具店」で販売が開始されているのだとか。

スポンサードリンク



シェアする