【レビュー】Nストライクエリート ストロングアーム・クリア ~ついに日本上陸、格好良さ抜群のシースルー・リボルバー~

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

先日、こちらでお伝えしたストロングアームの色違い。今までの青や白を貴重としたデザインとは違い、緑、紫、そして透明という従来とは異なるデザインが特徴的です。

先日から米アマゾンで販売が開始されたストロングアームのカラーバリエーションが凄まじく格好いいと話題になっています。 情報元はReddi...

ストロングアームと言えばシリンダーがスイングアウトするリボルバーとして非常に高い人気を誇るナーフであり、カラーバリエーションとは言え新規商品の販売は世界中のナーフファンを驚かせました。

Nストライクエリート ストロングアーム・クリア

今回手にしたのは透明のクリアバージョン。シースルーとかスケルトン(死語?)と言えばいいでしょうか。

「透明なトイガン」と言えばこういったオモチャらしい雰囲気の水鉄砲をイメージしてしまいます。

https://amzn.to/2HR817y

もちろんトイガンですので玩具っぽさは当然ではありますけれども、ストロングアーム・クリアについてはグリップやスライド部などを別の色にするとか、「黒」という差し色をすることでそのチープさを低減することに成功しています。

でもそのおかげで白と黒と透明というカメラにとっては大敵みたいな取り合わせのナーフです。うまく照明を調整できれば、もっと綺麗でキラキラした感じに撮れるはず。

大柄なハンドキャノン!

ストロングアームの最大の特徴はその威風堂々たる大きさです。なにしろ全てがデカい。ハンドガンらしからぬサイズなのです。

ですのでグリップとスライドは大きめ。ハンドガンとは言え全長30cm近い「ハンドキャノン」ですのでエアガンなどに慣れている人が持つとその大きさにビックリするはずです。

大人でも持ちやすいサイズです。逆に手の小さいお子さんでは持て余してしまうかも。

今回試しに作った比較図。下が大型ハンドガンで有名なデザートイーグルですね。実銃は約27cmもありますがストロングアームと並べるとご覧の通り。

使用する弾丸を含めるとこの通り。.50AE弾が可愛く見えてしまいます。

とはいえナーフの方はサイズの割には非常に軽量です。このサイズで370g前後。お子さんでも難なく取り回せますので心配無用ですね。

大きくて迫力あって目立ちます。でも軽量で扱いやすい。玩具としては最適ですね。

コッキングも軽め

あと、ストロングアームの「軽さ」は重量だけでなくコッキングも同様です。スライドの引きしろが大きいぶん、スプリングの負荷が分散されるのか軽いんですね。またパーツ自体が大きいのと、ちょうどリアサイトに指がかかりやすく出来ていますので、手の平で掴むように握ってコッキングしやすいというメリットも。

そうそう、一部ナーフにはこんな機能がありますので手動コッキングでも両手持ちだってできてしまいます。

ファイアストライクには実はあまり知られてない大きなギミックが一つ仕込まれているのはご存知でしょうか? アメリカの特許情報でナー...

あと紐で2丁を結ぶという荒業もあったりします。動きがガン・カタのリベリオンっぽくなってしまいますが。

カラーリングも秀逸

前述のように透明と白、黒というカラーリングが非常に格好いいんです。

フレーム部分はクリア素材。透明度が高いので非常にスッキリした雰囲気になっています。中の機関部の動きももちろん見ることが出来ます。

クリア素材はその特性からどうしても黄ばみやすくなっています。特に紫外線には要注意です。長期に渡って保存するのであれば、日光のあたりやすい場所…例えば採光の良い部屋での壁掛け収納等は避けたほうが無難かもしれません。

反対側面(左側)にはロゴなし。「STRONG ARM」の部分も塗装がないので少し寂しい印象が。可能であれば白い塗料(簡易的には修正液など)でロゴを塗ってあげると引き締まってみえるようになるのではないでしょうか。

シリンダー部は濃いめのオレンジ。スイングアウトも今まで通り可能です。さすがにエアガンのようにシリンダー全体が飛び出すまでの可動域はなし。

装弾数は6発。シリンダー前部から装填していくタイプになります。

個人的にはこのアングルが一番好きかもしれません。

「STRONG ARM」のロゴ部分は黒地に白塗装で非常に映えます。透明に浮かび上がるロゴが本当に格好いいのですよね。

クリアマーベリックの再来

かつてはナーフのリボルバーハンドガンといえばマーベリックがありました。いわゆるストロングアームの先代モデルにあたります。

リロードに時間がかかり、装弾数も少ないという大きな弱点があるリボルバー。 すでに旧式銃とみられがちですが日本の警察では標準配備されています...

こちらは黄色版。でも様々なカラーバリエーションがありまして、透明プラのクリア版も存在していたんですね。

2000年くらいでしたか、中身を見せるようなクリア素材を多用した家電やパソコン、オモチャ、ファッション小物のブームが巻き起こりました。 ...

まさに今回のクリアストロングアームと同じような雰囲気を持っています。

でもこうやって並べるとさすがにクリアマーベリック(2008~2010年発売)のプラスチックの劣化が目立ちますね。結構黄ばんでいます。

大きさはほぼ同じ。持った感じもほぼ同じです。どちらが格好良く感じるかは個人の好みになりそうです。

性能についてはもちろん比べるまでもなくストロングアームが上です。飛距離で言えばマーベリックが15mくらい(体感上)。ストロングアームはパッケージ表記で27mくらいでしょうか。

スペックなど



エリートダーツ / サクションダーツ / アキュストライクダーツ

入手方法

2019年6月時点では日本アマゾンで入手できます。

ただしナーフのこういう特別カラーって気づけば廃盤となってしまうことが多々ありますので欲しい方はお早めに。

総評

「玩具としての格好良さ」を突き詰めたようなナーフがこのストロングアーム・クリアではないでしょうか。チープになってしまいがちな透明な成形色を採用し、アクセントとして白や黒の差し色で引き締める。これはもうナーフのデザイナーの腕ということになるんでしょうね。きっと。

性能も扱いやすさも一級品。入門用としても、または対人戦でのメイン武装からサイドアームまで頼れる相棒です。

※延長バレルは使用できません。
※グリップは上面取り付けになります

スポンサードリンク



シェアする