【新製品】ナーフ50周年記念「ICON」シリーズとしてマグストライク、スタンピードが復刻販売へ

シェアする

ナーフ50週年の今年、スタンピードとマグストライクが再販されることが判明しました。

情報元はこちら。

Target Nerf Fest screen cap

アメリカの量販店チェーン、ターゲットのオンラインサイトで発見されたとのこと。パッケージからはそれぞれ50周年記念であることと「Nerf Icon」シリーズでの発売であることが分かります。また基本的にはリニューアルなしの再販になる模様。

「icon」シリーズは名前の通り、過去の名作ナーフを復刻する、いわゆるアイコン(肖像、偶像などの意味)としての復興を目的とする模様。この2作だけでなく、もしかすると他のナーフも再販される可能性があります。

Nストライク マグストライク

蓄圧式(圧縮空気で駆動するタイプ)のナーフです。発売年は2007年。今のナーフでは考えられない連射力を誇るブラスターでして、発射速度は1秒で10発ほど。電動ナーフ最速と名高いハイパーファイアですら秒間7発ほどと考えればいかに早いか分かりますでしょうか。

レビューはこちら。

2007年にNストライクシリーズとして発売されたブラスターがこのマグストライクです。過去にはダートタグシリーズとして赤と青、アイアンマン...

付属品はマガジンクリップ1個と専用のダーツ。記念品みたいなものですのでこのダーツは使えませんね。

マグストライクは海外オークションでも安価に入手可能ですが、圧縮タンクの気密抜けですとか可動部分の劣化により満足に動くものが少ないのが現状。新品で入手しやすくなるのであればとても嬉しいニュースです。

価格は45ドル、発売日は7月28日の模様。

Nストライク スタンピード

元祖電動ナーフのスタンピードも復刻の模様。エアガンのようなシリンダーとピストンを駆動する方式であり、発射時のガツガツするような反動が魅力のナーフです。

ただそのおかげで非常に大きな動作音が鳴り響くことになるので夜間には使えなかったり、またその複雑な構造から改造しにくいというデメリットもありました。あと大掛かりなギアボックスの駆動のため単一電池6本という超重量級の電源確保の必要も…。

2010年に発売された電動フルオートブラスターがこのスタンピードです。画期的なマガジン式のフルオート式ナーフということで非常に高い人気を誇っ...

マガジンは2つのみになります。

価格は80ドル、発売日は7月28日の模様。


幸いにも「ターゲット限定販売」というシールがありませんのでアマゾンなどでも出てくると思われますが、やや値段設定が高めですので私としても買う(買い換える)かどうかは不明なところです。

あと気になるのが他のアイコンシリーズの行方。「黄色いナーフ」で後継機種がないものと言えば「スペクトラ」や「ロングショット」でしょうか。ロングショットはカラーバリエーションとしてゾンビストライク版も出ていますが。

ナーフ50周年。果たして他にどんなナーフが飛び出てくるか楽しみでなりません。

スポンサードリンク



シェアする