【レビュー】ブレイズストーム ZC7015 ~青いアルファホーク~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

【レビュー】ブレイズストーム ZC7105

サイズ・重量全長72cm

発売年

シリーズ

メーカー

2019?

ブレイズストーム

Zecong Toys

初速15m/s装填数×5
入手先Evike.com 対応弾エリートダーツ
吸盤ダーツアキュストダーツ

ブレイズストーム ZC7105って?

中国のZecong Toys社が販売しているソフトダーツガンです。見る人が見たら一発でわかるレベルの”ナーフ風の商品”を数多く販売しております。最近はオリジナルデザインのものが少し増えてきたようですけれども。

ちなみに同社製品は「アルファホーク」というような固有商品名は付けておらず、商品コードしかありません。ですのでこの青アルファホークは「ZC7105」が正式名称になります。

デザインなど

パッケージは格好いい

パッケージは商品をドン!と配したシンプルなもの。
よくある”笑顔のお兄さんがナーフを構えている写真”はありません。

20という数字は飛距離ではなく付属する弾の数。これだと20本付属しています。

開封…中身はシンプル

中身はシンプル。本体とコッキングレバー、それと写真にはありませんがダーツ20本。

コッキングレバーは自分で差し込むタイプです。ただし一度差し込むと外れなさそうな感じ。

色合いやデザインについて

色合いはNストライクエリートと同系色です。白いラインやロゴが映えますよね。

上のコッキングレバーはちょうどこのトリガー真上の部分に差し込みます。アルファホークのような「取り外し用の工具穴」がないので、差し込むと後戻りできません。

参考【工作室】アキュストライク アルファホークのボルト・レバーの外し方

バレル付近。オレンジ色の網状のパーツは塗装です。この部分だけにオレンジ色の塗料が使われているんですね。それだけ工数が増えるのに。
ちょっとしたこだわりなんでしょうか?

それと大きな違いが一つ。ブレイズストーム版はバレルが入っています。

オリジナルとの比較

オリジナルとの比較。まったく同じように見えて実物を比べてみると結構デザインが違うのが面白いです。
また全長についてはストック部分が違うのでナーフ・アルファホークの方が若干短いです。

フロント部。まずフロントサイトの形状が違います。銃口部付近も。
メッシュ状?のパーツもそうですし、よくよく見るとブレイズストーム側の方がゴツゴツした感じですね。

ストック。全長の違いはここが原因ですね。ブレイズストーム版の方がややストックが大型で大人が使いやすくなりました。
わずかの差ではありますが本当に構えやすくなったと思います。

付属品はこれ

こちらがコッキングレバーです。差し込む方に小さい溝がありまして、そちらでロックされる仕組みになっています。

ちなみにナーフのアルファホークのコッキングレバーはこれ。形が違います。

参考【レビュー】アキュストライク アルファホーク ~ハズブロの本気を見た?ナーフ初の本格狙撃銃~

サイズについて

全長約は70cm。スナイパーライフルとしては小柄な感じです。

いつものシルエットさん。大人が持つと流石に小さく感じますね。
ただストック部分が長いので大人でも比較的に構えやすく、むしろ取り回しを考えるとこのサイズで良かったと思えるくらいです。

子供では逆にやや大きく感じます。

操作方法など

基本的な操作はアルファホークを踏襲しています。

シリンダーはグレーのボタンを押すことでロックが解除され、横に飛び出るようになります。
ダーツを装填したら手で戻します。

発射は一番上から。フル装填しないのであれば、手でシリンダーを回してダーツ位置を調整してあげると空打ちが回避できます。

コッキングは重いというより固い感じ。バネが強いのかグリスが足りないのか、ともかくは軽く引いて連射とはなかなかいきません。

トリガーも同様に少し重め。



個人的な評価

ピカティニレール対応

実はこのZC7015ってレール部分がナーフではなく、ピカティニレールサイズなんです。

といっても完全に台形というわけでもなく、ちょっと独特な形状になっています。
ですのですべてのピカティにレール規格のアクセサリが取り付けられるどうかは不明。

頑張ってみましたがレール幅の関係でナーフのアクセサリは取り付けできません。
変換アダプタが必要となります。

具体的にはピカティニレールのほうが数ミリほど幅が大きいんですね。

逆に言えばエアガン用アクセサリが乗っかります

黒背景に黒いアクセサリなので少々見にくいですが、エアガン用のドットサイトがそのまま乗っかります。
変換アダプターを使わないのでマウントも低く、ガッチリと装着できました。

交戦距離を考えるとドットサイトが最適ですね。
恐らくライフルスコープでも同様に取り付けできるかもしれませんが倍率の関係で使いづらいはず。

スペックなど詳細

初速:14~16m/s

初速としては控えめ。強く撃ちだすとダーツの弾道がブレてしまうということなんでしょうか?

ちょっと物足りない数値ではありますが、シリコンスプレーの塗布ですとか少し手を加えてあげればもう少し初速はアップしそうです。



エリートダーツ / サクションダーツ / アキュストライクダーツ

入手方法

2019年8月時点、海外の通販サイトで入手可能です。

メルカリに1点だけ出品しています。

https://vayashis11.com/nerfmarket/2019/08/07/post-20780/

総評:少し違うブラスターが欲しいのであれば

いわゆるナーフ互換品になりますので最初に選ぶブラスターとしてはちょっと勧められません。動作不良が起きたら自分で対応する必要があるわけですから。
一方で誰も持っていないレベルのキワモノブラスターでもありますので、特にナーフをよく知っている人からは注目の的となるはずです。

オレンジ色のアルファホークに対して青いブレイズストーム。陰と陽というか月と太陽というか、厨二病全快な妄想が膨らみそうなアイテムです。

スポンサードリンク



シェアする