【雑記】ナーフ戦用?コンクリブロックドラム缶のバリケード

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

ナーフの本場アメリカで面白いバリケード?情景アクセサリ?が販売されていることが分かりました。

★この記事は2019年に加筆修正しました。

BUNKR Inflatable Battlezone

「障害物風船」といいましょうか、

セメントブロックを模したインフレータブル、いわゆる浮き輪のように空気でふくらませるバルーンになります。ということは小さく折り畳めて持ち運びもできて軽量。水に濡れても大丈夫ですので、まさにイベントなどに最適かもしれませんね。

サイズで言えば高さは30~34インチ(76~86cm)。大人でもしゃがめば十分に隠れられる大きさです。

出展:amazon.com

イベントでの使用例だそうですが、こんな感じに並べらたのをみるだけでワクワクが止まりませんね。

タイヤ、ドラム缶、木箱、弾薬箱?の4種類セットで価格は29.16ドル+送料14.74ドル(2019/9/2時点)。

単価で言えば1個あたり1200円くらい。巨大な風船が1200円と考えればそこまで高額ではないのかも。

風船としてのメリット、デメリット

あくまで風船ですので使用するときだけ膨らませればOK。例えば体育館やホールのような貸し切り場所で使用する場合の持ち込み、設営も簡単です。

軽量ですので万が一、バリケードが倒れたとしても(仮に積み上げていたとしても)怪我をすることは無さそう。

一方、やはり風船ということですのでBB弾を使うようなサバゲーには使えません。穴だらけになってしまいます。あと石がゴロゴロするような屋外フィールドでも同様に穴が空いてしまいそうです。

ですのでナーフ用として、「安全な大道具」としてご家庭やイベントでのナーフ遊びには良いかも知れませんね。フォートナイトのように積み上げて陣地作りとか楽しそうです。

スポンサードリンク



シェアする