【レビュー】ゾンビストライク Zボム(グレネード&レンガ)~可愛い柔らかい爆弾とブロック肉~

シェアする

言語切り替え

【レビュー】ナーフ ゾンビストライク Zボム(グレネードとレンガ)

サイズ・重量全長7~10cm  重量50g発売年

シリーズ

2014?

ゾンビストライク

 入手先 

ナーフ ゾンビストライク Zボムって?

ゾンビストライクシリーズとして販売されていたスポンジ製の小物アイテムがこのZボムになります。
全部で6種類+カラーバリエーションが販売されていました。
日本では未発売。

ハズブロではなくライセンス契約を受けたパーペチュアルプレイ社が製造販売していたのですが、2019年時点で事業停止らしく、入手が結構難しくなっています。

パーペクチュアル・プレイって? 「パーペクチュアル・プレイ」って皆さんご存じでしょうか。 マチェーテやチェーンソウといったナ...

パッケージは2種類

この辺の事情は分からないのですがパッケージは2種類あるようです。

まずはこのゾンビストライクのパッケージのもの。

商品名は「ゾンビストライク ZボムZ」

もう一つのパッケージがこちら。ZEDスクアッドシリーズより。

商品名が「ゾンビストライク ZEDスクアッド ZボムZ」となっているのが分かります。

販路なのか製造年の違いなのか詳細は不明です。
中身は同じでした。

裏面には他のZボムのイラストが書かれています。

各ボムについては個別にレビューしています。

ゾンビストライクシリーズとして販売されていたスポンジ製の小物アイテムがこのZボムになります。 全部で6種類+カラーバリエーションが販売されていました。 日本では未発売。
【レビュー】ナーフ ゾンビストライク Zボム(火炎瓶とハンマーヘッド) サイズ・重量 全長7~10cm  重量50g ...



開封:中身はボム2個

緑色の砲弾というかグレネード爆弾のようなものと、豚バラブロック肉というかレンガを模したものの2個セット。

Zボム・グレネード

内容品その1、グレネード。

てっぺんの渦巻き状の模様が只者ではない雰囲気のグレネードです。

手のひらに収まりやすい形状ですので、Zボムの中では最も投げやすいかもしれません。

非常に柔らかいので当たったとしても怪我することはありません。

重量は46g。

全長10cmくらい。コロコロと可愛いグレネードです。



Zボム・レンガ

英語ではブリックと呼ばれているようです。

レンガに包帯を巻いたもの。実物だと投げやすくする効果があるんでしょうか。

見た目としてはレンガというよりもブロック肉という感じ。

裏面にはゾンビストライクのマークが。

ペンキで塗ったようなかすれ具合が良い味を出しています。

こちらも結構柔らかいです。

重量はグレネードと同じくらい。

サイズは約7㎝四方。箱の中で動かないように厚紙の下駄が入っていました。

操作方法など

操作方法は簡単です。

ゾンビにぶつけましょう。

というのは冗談として、対人戦ではルール上、使用が許されている場合で、かつ出来るだけ優しく投げるようにしましょう。
たとえ50g以下のスポンジとはいえ、良くあるカラーボールよりも重量も密度もありますので顔に当たると危ないです。



入手方法

精算メーカーが事業停止のようですが、2019年9月時点では市中在庫があるようですので海外オークションなどを探せば入手可能です。

ただし今後はどんどんと入手が難しくなりそうです。

総評

ゾンビが侵入したらどうするか。身の回りの物を投げつけて時間稼ぎをして逃げる…というようなストーリーを思いつきそうなアイテムです。
手の届く場所にグレネードがある生活ってどんなんだというツッコミはおいといて。

レンガにしても割れた断面のデコボコ具合がなかなか面白く、ディスプレイ用の飾りとしても使えるのではないかなと思ったりしました。

グレネードもデザインやデフォルメ具合が昔のカートゥーンアニメのよう。爆発したら黒焦げの敵が煙を吐き出すような演出が…とか。

本来は投げつけたり敵陣地に放り込むような遊びを想定しているんでしょうけれども、入手性も価格面も雑に扱うのはちょっともったいないレベルのレアモノになっちゃいました。
実戦で使うのはちょっと躊躇してしまいます。

むしろナーフと並べて飾るという方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク



シェアする